マレーシア語で私の仕事と日本の子宮頸がんワクチン問題が紹介されました

以下のサイトに、マレーシア語で私の仕事と日本の反子宮頸がんワクチン運動についての現状が紹介され、私のウェブやSNSにたくさんのアクセスが来ています。

日本ではインチキ動物実験や裁判をもちいた反子宮頸がんワクチン運動は恐ろしい勢いを持って日本社会にワクチン忌避を定着させ、接種率を下げ、日本の女性は危険な状況に置かれるようになったと書かれています。また「幸いわが国ではこういった状況は避けられそうだ」と締めくくられています。

Dr. Amirul Amzarより

Dr. Suhazeliより。私がウォール・ストリート・ジャーナルに寄稿した論説もご紹介いただいています。

グーグル翻訳をかけるとこんな感じです。

あなたは日本の医者、村中理子医師を知っていますか?
彼女は、2017年のジョンマドックス賞を受賞しました。この名誉ある賞を受賞したのは、ANTIVAKSIN運動のきっかけとなった日本でのフレームワークの開発によるものです。
2013年に、日本のHPV予防接種率は劇的に下がりました。これは未知のバイラルビデオによるものです。このビデオは、HPVワクチン接種を受けて痛みを訴えた少女たちの集まりでした。このビデオはどうやら抗antiaksinesの動きによって作成され、編集されました。
村中医師は、ビデオの本当の原因に飛び込むことにしました。彼の調査の終わりに、それは非倫理的な医師、池田修一博士から始まったことがわかりました。
池田博士は日本の大学の学部長で、日本の厚生省に所属しており、政策立案者の一人です。さらに、彼はワクチンの副作用の影響を受けていると考えられる患者を治療する診療所も持っています。
池田博士はHPVワクチンが脳の問題を引き起こしたという結果の研究を発表しました。そして、彼の声明は抗antiakinesの動きを引き起こし、日本政府にHPV予防接種をやめさせました。
しかし、村中医師の調査は、池田博士が容認できない科学的調査に基づいて声明を発表したことを発見した!
池田博士はマウスにワクチンを注射し、マウスの脳を調べました。そしてマウスは遺伝子組み換えされているようです。研究の結果は、マウスの脳損傷を引き起こしたワクチンではなく、遺伝子組み換えの結果を示しました。さらにもっと驚くべきことに、研究も他の被験者もなしに、SEEKOR of the Catsだけにワクチンが注射されています。他の国々では、HPVワクチンは安全かつ効果的であることが証明されています。
池田博士のランクと評判、政府、そして地域社会のおかげで、彼は簡単に信じることができます。村中医師は非倫理的研究の結果を保健省に報告しました。同省はついに池田博士の非倫理的行為について謝罪した。しかし、大衆の恐れのために、日本政府は今日まで予防接種を再導入する決定をすることができませんでした。
池田博士はまた、メディアスタッフや政治家と良好な関係を築いており、この関係を利用してムラナカ博士を辞任させています。池田博士は村中医師に名誉棄損だとして民事訴訟も提起した。その結果、村中医師はメディアで話すことを妨げられ、さまざまな脅威に襲われました。
しかし彼女はあきらめなかった、彼女はまだFacebookやインターネットのサイトを通じて本物の科学情報を提供しています。そして彼女の決心は彼女が世界的な賞を勝ち取ることに成功しました。
日本は以前に、証明されていない副作用のためにMMR予防接種を根絶するという政治的決定を下した。結果として、風疹の流行はまだ残っています。そして今また彼らは間違っています。他の国々はHPVワクチン接種による子宮頸がんの減少を享受しているが、日本における子宮頸がんの発生率は高いままである。日本では1年間に子宮頸がんが原因で3000人が死亡し、1万人の子宮が消えると予想されています。そして、政府が受けた政治的圧力の結果が単に非倫理的な研究によるものであるため、予防接種を再開することは困難です。
うまくいけば、マレーシアはこの過ちに巻き込まれないでしょう。

私はいつまで日本の悲劇のシンボルでいればいいのでしょうか。一日も早く世界に広がった反ワクチン運動の悲劇を火の元で止めた国のシンボルになれることを祈りつつ。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

マレーシア語で私の仕事と日本の子宮頸がんワクチン問題が紹介されました

村中璃子 Riko Muranaka

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、記事の購読・サポートで応援してください。

スキありがとうございます。
21

文系女医の書いて、思うこと。【法人用】

noteで発表する私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。取材や執筆の舞台裏エピソードも織り交ぜつつ、医学・科学の問題について書いていきます。内容は「文系女医の舞台裏【個人向け】」と同じです。企業や団体での回し読み・引用OK。
2つのマガジンに含まれています