見出し画像

子宮頸がんワクチンの「1回接種」最前線

最近、わたしが昨年書いた(2019年1月に更新)「子宮頸がんワクチンの3回接種は本当に必要?あなたに必要な接種スケジュールを考える」が、このところまたよく読まれています。

この記事でも少し触れている話ですが、今日はHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防する子宮頸がんワクチンの「1回接種」に関する最新の情報と考え方をご紹介します。

はじめに、日本の厚生労働省は、定期接種導入直後の2013年6月より、世界で安全性と効果の確認されている子宮頸がんワクチンの「積極的接種勧奨を停止」しています。

「国も安全性に自信が持てないからお勧めしないのだ」と思っている国民はたくさんいますが、それは誤解です。積極的接種勧奨というのは、定期接種対象年齢の子どもがいる家庭に接種の通知を送るのをやめることを意味するにすぎず、子宮頸がんワクチンは2013年4月の導入から今日に至るまで、国が安全性と効果を評価したうえで定期接種としているワクチンです。もちろん今でも、接種対象年齢(その年に中1になる子から高1までの女子)は全員無料でこのワクチンを接種することができます。

日本の子宮頸がんワクチン接種スケジュールは、0,2,6ヶ月と間隔をあけて3回接種となっています。国が接種を推奨していないワクチンなのに、国の推奨スケジュールは存在するというのは何だかおかしな状況なのですが、世界では今、このワクチンを「1回だけ接種する」というスケジュールが本格的に検討され始めています。

世界ではすでに2回接種が常識

「3回のところを2回にではなく1回にというのはどういうことか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それは、世界では子宮頸がんワクチンの接種スケジュールはとっくの昔に、3回ではなく2回接種が主流になっているからです。

子宮頸がんワクチンには、2価(がんを引き起こしやすい2種類の型のHPV感染を防ぐという意味)、4価、9価ワクチンの3種類(ただし、日本では最新の効果が高い9価ワクチンの承認審査が止まってしまい、使えません)がありますが、2回接種のスケジュールは、この3種のうちいずれかのワクチンを何らかの組み合わせで2回接種するものです。

実際にどのワクチンをどんなタイミングで打つべきかについては、「子宮頸がんワクチンの3回接種は本当に必要?あなたに必要な接種スケジュールを考える」に詳しく書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

メガファーマの売り上げの約1割が子宮頸がんワクチン

さて、子宮頸がんワクチンは史上初のがん予防を目的としたワクチンとして歴史に名を刻むとともに、「ワクチンの価格を2桁つり上げたワクチン」としてもその名を刻んでいます。

ワクチン製造企業の1つメルク社の売り上げは、2019年上半期だけで108億ドル(約1.2兆円)、子宮頸がんワクチンの売上はその1割近い8億3800万ドルで、前年比約30%の伸び率です。

もちろんこれは売上額ですのでどのくらいの利益を得ているのかは不明ですが、とにかく子宮頸がんワクチンは、値段が高いか出荷本数が多いかのどちらかあるいは両方であること、メルク社にとって重要な商品であることは間違いありません。

そこで、効果と安全性は認められるものの、公衆衛生予算を圧迫する子宮頸がんワクチンに対し、各国政府や国際機関は粘り強く価格交渉を重ねるとともに、世界中の研究機関は接種回数をもっと減らすための研究も進めてきました。

3回接種が2回に減ったのは、その成果に基づく第1歩でした。

そして、2回に減ったとはいえ価格も高く、何度も病院に足を運ぶのは大変なので、1回接種で済ませる方法はないのかと引き続き研究が進められているのです。

日本では一度決まってしまうとワクチンの価格や接種スケジュールが見直されるということは稀です。接種勧奨を止めてしまったが最後、安全性が確認されているにも関わらず、いつまでもそのままにしておくのもそういった姿勢現れです。

ワクチンの価格や接種スケジュールを製造企業任せにせず、国やアカデミアがプレッシャーを与えることで、産学共同でより効率の良い公衆衛生政策をつくっていくという世界の流れに、日本は全く乗れていません。

子宮頸がんワクチンの1回接種についての研究が行われているのは、コスタリカ、インド、フィジー、ガンビア、ケニア、タンザニアなど医療リソースの限られた発展途上国です。アルメニアとタイでも、新たな大規模調査が予定されています。

主な出資者は、マイクロソフトの社長のビル・ゲイツとその妻のメリンダが設立した慈善団体、ビル&メリンダ・ゲイツ財団です。「1回接種で十分です」というデータが出てしまうと売り上げに影響しますから、ワクチン製造企業は、こういう研究には出資しません。むしろ、現在使用されているワクチンの1回接種のデータが出そろう前に、より予防効果の高い新ワクチンを開発し、さらに価格を上げて上市することに注力します。

1回接種で十分な接種法

1回接種についての研究には、1回接種後に採血してHPV感染を防ぐのに十分な抗体価(感染を防ぐ免疫力)があるかを確認する方法や、3回接種あるいは2回接種のところを1回しか接種していない人たちの抗体価や感染状況を追跡調査する方法など、いくつかのデザインがあります。

色んなデータが集まってくるのはいい事なのですが、スタディのデザインや接種年齢、ワクチン導入状況が国によって大きく異なると、各データを比較することができず、本当に1回接種でいいと言っていいのかの判断が非常に難しい状態となっていました。

ところが、最近、どの国のどのデータを使って解析しても、1回の接種だけで十分な免疫力を得ることのできる接種方法が分かってきました。

それは

この続きをみるには

この続き:1,936文字
記事を購入する

子宮頸がんワクチンの「1回接種」最前線

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

実質無料の記事もありますが、正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです。

スキありがとうございます。
16

村中璃子 Riko Muranaka

医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

文系女医の書いて、思うこと。【法人用】

noteで発表する私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。取材や執筆の舞台裏エピソードも織り交ぜつつ、医学・科学の問題について書いていきます。内容は「文系女医の舞台裏【個人向け】」と同じです。企業や団体での回し読み・引用OK。
2つ のマガジンに含まれています