見出し画像

速報【子宮頸がんワクチン薬害マウス実験論文撤回】

速報です。子宮頸がんワクチンによる薬害を訴える人たちが「科学的な証拠(エビデンス)」として掲げていた日本人グループの論文、2016年11月”Scientific Reports” 掲載の「子宮頸がんワクチンと百日咳毒素を同時接種したマウスの視床下部破壊(Murine hypothalamic destruction with vascular cell apoptosis subsequent to combined administration of human papilloma virus vaccine and pertussis toxin)」が撤回されました。

Scientific Report編集部のコメントは次のとおり。

「私たちは論文の目的と手段が一致していないことを理由に論文を撤回する。このスタディは、HPVワクチンの中枢神経系に対する影響を明らかにすることを目的とするとしながらも、大量のHPVワクチンと百日咳毒素の同時投与は、HPVワクチンそのものの中枢神経系に対する障害を示すデザインになっていない。論文著者たちは撤回に応じないとしている」

”The Publisher is retracting this Article because the experimental approach does not support the objectives of the study. The study was designed to elucidate the maximum implication of human papilloma virus (HPV) vaccine (Gardasil) in the central nervous system. However, the co-administration of pertussis toxin with high-levels of HPV vaccine is not an appropriate approach to determine neurological damage from HPV vaccine alone. The Authors do not agree with the retraction.”

この論文に関しては、発表当初から何通も撤回要求(私の知る限りでは少なくとも3つのグループから)論文撤回の申し入れがありました。なぜ1年半もかかったのかは不明ですが、薬害の証拠だという日本発のミスリーディングな論文が撤回されたのは喜ぶべきことです。

Scientific Reports はNature出版社の雑誌ですが、あのNature誌とは編集部の異なる、まったく別の雑誌です。

この論文には、こんな批判記事もありました。

「反ワクチン偽科学によるマウス拷問」
https://respectfulinsolence.com/2016/11/18/torturing-more-mice-in-the-name-of-antivaccine-pseudoscience/

この論文撤回についてより詳しく知りたい方は、以下の記事「サイエンス誌も速報した子宮頸がんワクチン薬害マウス論文撤回。日本メディアも報道を」もどうぞ。


この記事は実質無料で提供しています。記事を気に入った方、応援して下さるという方は購入・サポートをお願いします。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

速報【子宮頸がんワクチン薬害マウス実験論文撤回】

村中璃子 Riko Muranaka

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

実質無料の記事もありますが、正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです。

スキありがとうございます。
29

村中璃子 Riko Muranaka

医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

村中璃子、ちょこっと読み。

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。
5つ のマガジンに含まれています