引き寄せの法則は魔法ではありません。結果論です。

どもども。
スギタ(@coppe61318)です。

引き寄せの法則は本当にあるのか、という件について。
まぁ無いとは言えないかな、くらいに思っている。

と同時に、引き寄せの法則を信じるあまりに奇妙な行動をしている人もいるなーと思ったので、ちょっと自分の考えを吐き出してみた。

引き寄せの法則の本を読んでます

「良いことを引き寄せられるように、引き寄せの法則の本を読んでいます」

うんうん。そうか。
いいんじゃない?
で、今ご自身のビジネスに関する作業は具体的には何してるの?

「それが、今何もできていないんです。体調も良くないし。色々考えていたら中々実行出来なくて」

ほほーう。
それじゃ何も引き寄せられないよね・・・。


スゴく不思議なんだけどね、こういう状態の方が結構いてびっくりするんだ。
引き寄せの法則の本を読んでいる。それ自体は別に良いんだけど。
何もしていない状態から何かを引き寄せられるほど、世の中甘くないぞってね。


行動して始めて引き寄せの法則が働く

引き寄せの法則ってね、結局行動した結果良いことが起きましたっていう結果論だよね。


宝くじ当たれー当たれー当りクジ引き寄せろー


って思って、当りくじが翌日ポストに入ってたとかある?

少なくとも、買いにいかなきゃ当りくじを手に入れられないよね。
買いにいってたまたま当りくじを買えたら、「当りくじを引き寄せられた!」と思うわけ。
だから、結果論。


たまたま会いたいと思って頭に思い浮かべていた人とばったり会った!
とか、そういう偶然はスゴいと思う。
引き寄せちゃったー!と言いたいのもなんか分かる。

だけど、やっぱり結果論だよね。


会いたいなと思っていた人にバッタリ会えた。
このミラクルだって、家でじっとしていてその現象が起きる?
まあ起きないよね。

一生に一度は会いたいと思っている芸能人がウチを訪ねてくる?
来ないよね。


でも、極端に言えばそういう現象を、本を読んで待ち望んでいる人がいる事に驚きを隠せない。
その眠り姫気質はすぐ捨てた方が良いと思うぞ。
無駄に年月ばかり経ってしまう事請け合いだ。

本を読んだ後、何をするかだよね大事なのは。
だから、引き寄せの法則は結果論なんだ。


成功者の都合の良い回答にもなる

こういう話もある。
めちゃくちゃ成功している人に「成功の秘訣は?」という質問を向けた時、「いや〜たまたまあの時あの人を引き寄せちゃって」とか、「偶然ラッキーな事を引き寄せた事がきっかけで」とか、そう答える人が多いらしい。
これはどこかで読んだ記事で、出典先もちょっと思い出せないから、不確実な情報ではあるのだけど。

確かに、秘訣は?と聞かれて一言で言える程成功の理由は簡単ではない。
だったら「引き寄せ」の一言を使った方が都合良くきれいにまとまるってもんだ。
本当に引き寄せられたかのように運命的に出会ったキーパーソンがいたのかもしれないし、びっくりするような事がきっかけとなって、そこから爆発的に良くなって行くという事もあると思う。
だから、それをまとめて「引き寄せ」と表現しちゃった方が楽なんじゃないかなって思うんだ。

私はまだそのステージに立てていないから、憶測でごめんだけど。

でももし、自分にその質問が向けられた時、やっぱり一言で答えられる都合の良い言葉を探すと思う。



そう。引き寄せの法則って言うのはさ。
成功者が都合良く使い回せるワードだってことを覚えておいてほしい。

その成功者に憧れる我々が、「成功するには引き寄せの法則を学ぶっきゃないよね!」というように妄信的になった結果、「引き寄せの法則」でこじらせてしまう人が出てきたという訳。


まぁ、あれだ。
年収(年商?)3000万円稼ぎたい(現在絶賛無職中。親の仕送り頼み)!
と言っていた方が引き寄せの法則の本を読んで読んで読んで仕事してないという現状を見てしまったからこそ、こういう話をするのだけど。


多くの方は気づいているよね。
引き寄せの法則は「想うだけ」では発動しない。行動があってこそ。
そして本当は、結果論だってこと(^^)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると泣いて喜びます!! よろしくお願いいたします。 起業して3年。 山あり谷ありで谷が深く、2018年は西日本豪雨で甚大な被害を受けました。 被害の穴埋めや、復興が遅れている地域の仲間を助ける為に使います。

スキが励みになります!ありがとうございます♡
6

スギタ

日常的ログ*エッセイチックなデイリーアウトプット*

特にテーマを決めずアウトプット用に。 日常的な記録として更新。 自分の時間が少しでも誰かの役に立てば嬉しいと思いつつ。 さくらももこさんに憧れて、学生時代にエッセイを書いて賞を頂きました。 それから書く事がスキです。 楽しんでいただけるようなマガジンの発行を続けます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。