練習環境の質は大事か

ウエイトトレーニングやウエイトリフティングの話も書くつもりでnote始めたので今日はその方面の話。

最近ブームみたいなのよ「良い環境が良い成績を生む」と。

果たしてそうなのか、私は疑問に思うところなのだが、環境の質が自分の能力を変えると思っている人の方が多数である。

環境と言うのをよくよく考えてみると「自分の外部」の事を指していることが多い。その外部の環境が自分に大きな影響を与える・その影響

もっとみる

金曜に食べる担々麺

1週間が終わって明日は休みだねっていいながら食べる夜ごはんが好きです。

誰かが作ったごはんを心許せる人と食べる夜。

あなたは今日誰とどんな夜を過ごしていますか。美味しいごはんを食べていますか。

慌ただしく過ぎていく日々を、少しの時間でもゆっくりと過ごしたいですね。

楽しみながら、好きなことを続けること。

なんだか急に暑くなって、少しフラフラ気味な金曜日。今週も一週間おつかれさまでした!noteを書きたくなるのが、いつも夜中の2.3時とかで、今更新しても誰も読まないよなーと思って書くタイミングを逃しがちだけど、今日はまだ21時なので久々に文章を書いています。

日々、いろいろな情報を摂取するなかで、好きなクリエイターさんのアカウントもこまめにチェックしてるのですが、今すごく人気のある方って5.6年前

もっとみる

1 はじめに。

ここに記される言葉たちは

空想という妄想というか

自分から溢れでてしまっているもの、です。

それが短い詩のようなものになったり

すこしながい物語になったりは

なんともいまは言えません。

なのでなにひとつ現実のことでも

現実的なことでもない、ということを

はじめにご案内します。

南山

憧れの功罪。

5月から、友人の会社の採用を手伝っている。採用に関わっていると、その会社の人たちとの関係も濃く深くなる。

友人である社長(37歳)とメンバー(27歳)の関係性や雰囲気が、昔の私とボス(年齢差は15歳)の関係を見ているようで、つい放っておけなくなってしまう。

【友人社長&ボスの共通点】
●会社員時代も独立してからも、営業で圧倒的な数字を作って結果を出している
●クライアントへの細やかな気配り

もっとみる

タオの世界

突然だが、わたしの名前「ヒトミタオ」は本名ではない。

どうでもいいことではあるが今までだったら、ペンネームを本名と分けるのは考えたこともなかった。
頑なに、SNSの登録を本名でしていた理由は、わたしがデザイナーになろうと思ったきっかけが、まさに好きな芸能人に名前を覚えてもらうため!だったから。笑

矛盾に気付いたのは、ここ数年でYouTuberや「歌い手」から有名歌手になった人が一気に増えたとき

もっとみる

古文で物理?漢文で英語?現代文で音楽?ーー私が「国語」という枠を超えて授業をする理由。

先日、オヤノミカタの松井さんから「オヤノミカタマガジン」という共著マガジンに誘われました。
(ちなみに松井さんは、私がフリーランスになるまで勤めていた広告代理店の同僚(先輩)で、今も何かと一緒にお仕事しています)

オヤノミカタマガジンは

「『これからの教育』について、複数の視点からの意見を発信していく」

というもの。
基本スタンスは

「お互いの主張に干渉せず、同調する必要もなく、足並みを揃

もっとみる

食べる、眠る、休む

昨日、退院した。10日間の入院だった。

帰宅して、まずは昼食。なのだが、いざ食べようとすると、意外に空腹を感じない。今まではここで「もういらない」となっていたが、これからはそうはいかない。とにかく、三食しっかり食べる。そうしなければ、身体は持たない。食べ過ぎてはいけないが、極端に少ないとすぐに具合が悪くなる。同じように夕食もしっかり食べた。

そして、夜。とにかく睡眠薬を服用する時刻を20時半ま

もっとみる

「20歳までにみてきたものがその後の人生を決める」説について考えた

7/15で21歳になった。

21歳、、、歳が一つ変わるだけだけど、いきなり社会に蹴飛ばされたような気分だ。電車で見かける男子高校生同士の会話がふと幼稚に感じたり、スーツをきた酔っ払いのおじさん達に以前よりもあまり嫌悪感を抱かなくなったり。おそらく就職が決まったというのもその理由の一つだろう。

また一つ歳をとり、ここで考えてみたいことがある。以前からよく見聞きするようになった、以下の説だ。

もっとみる

ひとを作るのは「好き」だから

昨日の事件があったからこそ、いま書き残しておかないといけないと思い、綴ることばたち

世の中の「善」と「悪」は自分の中のそれとは一致しないこと

自分の「好きなもの」は別の人の「嫌いなもの」かもしれないこと

そして

「みんながいいと言うから」の「みんな」の定義は人それぞれであること

大多数に自分の「いいと思うもの」を否定されたとき、
自分が動きたいと思う
その想いがそのひとの「好き」なのだろ

もっとみる