デザインシステムのコミュニティをSlackからSpectrumに移行します

以前このnoteでもお知らせしたデザインシステムのSlackコミュニティですが、Spectrumへの移行をおこないます。

経緯

移行の経緯ですが、思っていた以上に多くの方にSlackにご参加頂けたことが理由の1つです。もともとあのコミュニティはあんなに大所帯になる想定はしていなくて笑、多くて100人前後くらいかな、と思っていました。デザインシステムに実際に関わっている人を中心に、お互い悩んでいることやちょっと表では出しにくいトピックなどについてコミュニケーションが取れればと当初は考えていたのですが、ありがたいことに気がつけば400人を越すコミュニティとなりました。もちろん全員が全員見ているわけではないと思うのですが、書き込む人と見ている人のバランスが偏ってきたので、であれば、さらに有意義な形のコミュニティにしたいなと思い始めました。

もともとSpectrumでの運営を考えていた、というのも理由の1つです。Slackとは違ってSpectrumはトピックごとにスレッドを立ててコミュニケーションする、オープンなコミュニティプラットフォームです。オープンであるというのが肝で、Spectrum内のやりとりは外からでも見れるんですよね。検索にも引っかかるし。コミュニティ内のやりとりがわかりやすい形で資産として残せるのはいいなあと前々から思っていました。DSJPのやりとりにも「これはSlackの中だけで終わらせるのはもったいない!」と思える素敵なディスカッションが出始めたので、その思いはより強くなりました。

そんなことをぼやっと考えていたところ、DSJPの運用についてアドバイスを頂く機会がありまして、これは良いタイミングなのではと思い、本格的に移行を検討し始めました。

というわけで作ったよ

以下がSpectrumのDSJPコミュニティです。

今後はこちらでぜひデザインシステムに関する様々なトピックについて情報交換・交流ができればと思います。デザインシステムに興味のある方はぜひぜひご参加してみてください。

Slackのように日常的にアクセスするサービスではないため、移行後しばらくは静かだと思いますが、少しずつ会話が弾むコミュニティになればいいなと思います。
まだチャンネルの構成をどうしようか悩んでるので、何か良いアドバイスあれば頂きたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは撮影機材や執筆時のおとも(☕)などに使わせて頂きます

よろしければシェアもお願いします!
27

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。