【Overview(HGI)】の和訳・要約

【Theme】

『iOS Design Theme』

他のプラットフォームと差別化されたiOSの3つのデザインテーマ

明瞭であること - 文字は読みやすく、アイコンは正確でわかりやすくその機能を明確に表すこと。

内容を尊重して、控えめであること - コンテンツがもっとも重要なため、UIは目立ちすぎず、内容を的確に伝えるようにする。

奥行きを与えること -  奥行きを持つことで、視覚的な重なりや、楽しさ、わかりやすさを向上させる。

iOS9まではDeferenceが1番目だったのが、iOS10では順番が変わりClarityが1番目に変わっています。 (常にキャッチアップしよう!iOSヒューマンインターフェイスガイドラインより

より、明瞭さが大切であることがわかる!

iOS10から大きくリニューアルされたAppleMusicアプリで見られるような、大きな見出しや塗りつぶされたアイコンは、「明瞭であること」を最も重要視した結果で、原則の優先度の変化が表れているのではないでしょうか。 (常にキャッチアップしよう!iOSヒューマンインターフェイスガイドラインより

なるほど。。。ガイドラインにそって、Appleがデザインをどうシフトしているかがわかる。。面白い! 読みやすさ、わかりやすさを徹底しよう!

『設計時に意識すべき原則6つ』

・Aesthetic Integrity 外観と中身の整合性をきちんとしよう

 -例えば、ToDoアプリは、落ち着いて邪魔にならないグラフィック、標準化された、予測できる操作でないといけない。一方で、ゲームアプリは、ワクワクして、楽しそうな魅力的な外観でないとけない。

・Consistency アプリ全体を通してデザインの一貫性はある?

 -フォントのスタイルから、アイコン、色遣いがアプリ全体を通して、一貫性があるか確認しよう

・Direct Manipulation 直接操作がスムーズか

 -操作がスムーズかどうかで、ユーザーの理解力や人の行動に影響を与えてしまう!

・Feedback 直感的なフィードバックが帰ってくるか

 -ユーザーの動作に対して、素早い直感的なフィードバックを心がける

・Metaphors うまくメタファーを活用する

 - 親しみやすいUXを得るために、視覚的なオブジェクト、メタファーをしっかりと設計する

・User Control User制御が適切か

 - ユーザーに間違った動作をさせないように設計できているか?削除ボタンなど

【Interface Essential】

iOSアプリケーションは、UIKitと呼ばれる部品から成り立っている。そうすることで、一貫性を与えるとともに、カスタム性も付与させることができる。

UIKitの特徴

①Bars  -アプリ内で自分が今どこにいるかを伝え、またナビゲーションの機能を与える。また、遷移のためのボタンなどがあることもある。

②Views -アプリ内における主要なコンテンツを置くところ。スクロールしたり、挿入したり、削除したり、整列したりなどの操作を可能にする。

③Control -ボタンや、Switchや、スライダーなどがあたる。



参考 常にキャッチアップしよう!iOSヒューマンインターフェイスガイドライン 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

RyosukeFujiki

Human Interface Guidelinesの要約

Human Interface Guidelinesの和訳・要約
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。