2000円以内のおいしいワインの選び方

昔、ワインに異常に凝った時期がありまして、その時に安いものから高いものまでいろいろ飲みました。なので、コンビニとかスーパーのワイン売り場で、価格と用途ごとに、おいしいものを選べるという特技があります。

ワインは、日々たくさんの銘柄が輸入されているので、すべてを知っているわけではありません。でも、ある程度の知識があれば、おいしいものを高い確率で選ぶことができます。

その方法をよく聞かれるので、ちょうどいいのでまとめておきます。今回は「2000円以内でおいしいワインを選ぶ方法」にしました。好評であればまた価格や地域のレンジを変えて書きます。

ずばり、以下の生産国のワインがおすすめです。

・スパークリングワイン

ニュージーランド
オーストラリアスペイン
スペイン

・白ワイン

イタリア
スペイン
ニュージーランド

・赤ワイン

チリ
イタリア
ニュージーランド

解説

すべてに入っているニュージーランドは、おすすめです。白も赤も、すっきりした味の品種の葡萄が多いので、そういうものが好きなら、まちがいないでしょう。唯一の難点は価格がやや高いことで、2000円以内で探すとなると、1000円台前半はなかなかありません。

イタリアとスペインも外れにくいです。チリは、自転車のマークの「コノスル」というメーカーがすばらしいです。コノスルはたくさんの品種を出しているのですが、個人的には、白ならゲヴェルツトラミネール、赤ならピノ・ノワールがおすすめ。コノスルのピノ・ノワールは、ナチュラルローソンにハーフボトルがおいてあるので、ぜひ試してみてください。

余談

アメリカのカリフォルニアとかオレゴンのワインは、とてもメジャーなのですが、ここに入ってません。このエリアのワインは、3000円以上は払ったほうがいいからです。できれば、もうすこしがんばって5000円とか7000円くらい払うと、かなりおいしいものが飲めます。

フランスも同様です。とくにブランド地域である、ボルドーとブルゴーニュのものは2000円以下では避けたほうがいいです。この2地域は、価格にプレミアムがついていて、安くておいしいものを探すのが難しいのです。

ボルドーとブルゴーニュは、5000円くらいからおいしいものが増えてきますが、選ぶのが難しいので、お店のひとに相談しながら買うのがいいでしょう。もしも10000円払えるときは、ぜひブルゴーニュの白を試してほしいです。けっこうな確率で、極上の体験ができます。その際は、冷やし方とか飲み方もちゃんと習いましょう。

フランスも、それ以外の地域ならば、けっこうアリです。ロワールの白、南仏(ローヌとラングドッグ)の赤と白は2000円以下でも、けっこうおいしいものがあります。「ギガル」とか、外れがありません。

週末にワインを飲む機会があったら、試してみていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

「すき」と「スキ」は正直どっちにしようか迷いました。
126

加藤貞顕

今日のnote2

3つのマガジンに含まれています

コメント3件

ワイン良く飲みますが、ニュージーランドが美味しいのですねヽ(´▽`)/贅沢する時はニュージーランドのを飲みます!
コノスル赤買いました(^o^)
勉強になります。ぜひ、続きをお願いしまする。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。