仕事ができるひとの「円」の大きさ

社会人になってしばらくして気づいたことがある。

それは、想定しているお客さんが大きいひとほど仕事ができる、ということだ。

働きはじめは、無我夢中で、与えられた仕事をこなしている。疲れたし、こんなもんだろうと、とタスクを終える。そうすると、上司に修正される。この状況は、いちばん内側の「自分」と、その次の「上司」の中を行ったり来たりしている段階だ。

「会社」が全体としてどこを目指していて、自分の仕事の立ち位置はどこか、とかがわかりだすと、すこし円が広がる。そうすると自分の仕事のやりかたも変わってくるし、その人には仕事をまかせやすくなるので、大きな仕事ももらえるようになる。そうなると成果も出やすくなる。

その次の、直接の顧客のことをちゃんと考えるようになると、いっぱしの社会人といえるだろう。ぼくについていうと、そこまで数年はかかった。

そして、一流のひとたちはというと、もっと円が大きいのだ。「社会」のなかで、この仕事の立ち位置はどうなっているのかを考える。歴史的にどんな意味があって、社会全体でいまなにが求められているのか、これからどうなるのか。

円が大きくなると、対象としているお客さんの数が増えるわけだから、成果の規模が変わるのも当然だ。そして、大きな成果を出すと、もっと大きな仕事ができるようになる。

ぼくがいままで会ったひとのなかで、いちばん大きな円を持っているなと思ったのは、ドワンゴの川上量生さんだ。川上さんは、この円がとにかくデカい。上の図でいうと、いちばん外側の「社会」の外側の「人類」とか「宇宙」まで視線が届いている感じがする。

なんでこんなことを書いているのかというと、ひさしぶりにこの本を読み返したからだ。

ニコニコ哲学』川上量生

本書は、cakesで連載した「川上量生の胸のうち」連載をまとめたものだ。この本の特長は、川上さんの桁外れの発想が読めることだろう。テクノロジーが発達していく社会のなかで、人類はどうサバイブしていくのか、という話が書いてある。人類の未来の幸福論といっていいだろう。

そして、そんな内容なのに、何度も吹き出すくらいおもしろいのだ。ドワンゴで、女子マネ弁当をはじめた話や、エンジニアたちが「サウザー化」※する話など、笑える話があふれている。そもそも「ニコニコ動画」という名前自体が、どうかしてる。
※マンガ「北斗の拳」のキャラクター。愛深きゆえに愛を捨てた男。

川上さんのユーモアには、なにかの意志というか覚悟を感じる。本書のまえがきは、ぼくが書いたんだけど、すこし引用する。

頭がいいひとの生き方は2つあるのではないかと思います。ひとつ目は、みんなを憎んで生きていく。もうひとつは、それでもみんなにやさしくする。川上さんは、後者を選んだ人だと思います。ニコニコという事業は、ドワンゴという会社は、そういう川上さんの「やさしさ」を体現したものではないかと思うのです。

やさしさとおもしろさ。この2つのフレーズは、糸井重里さんの「ほぼ日」のキャッチフレーズ「やさしく、つよく、おもしろく」とも共通している。この2人のクリエイターがたどり着いた地点が似通っているのは、偶然ではないだろう。

この2つはおそらく、クリエイターが、自分自身を幸福にして、社会をよくしていくための有力な解答なのではないかと思う。実行していくには、知性と意志と、力と、あとは覚悟が、必要ですよね。……書いててわかったけど、こりゃたいへんだわ。でも、がんばります。

追伸
この本、川上さんが書いた「あとがき」もヤバイのでぜひ読んでみてください。まず、ぼくに怒り、読者に難癖をつけ、さいごは「飛び道具」できれいに収束します。こんなあとがき、見たことないよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

スキを押したときのメッセージは押すたびに変わるのでまたぜひ。
92

加藤貞顕

コルク佐渡島、note加藤のコンテンツ会議

コルク代表・佐渡島庸平、noteやcakesの運営会社ピースオブケイクの代表・加藤貞顕が、その週にふれたコンテンツについて書いていきます。毎週水曜日更新(予定)!
2つのマガジンに含まれています

コメント1件

毎回読んでウンウンと納得します
僕はnote に出合い自由に発言はじめて自分の暮らしていた枠の外に行けそうな気がしています
note には温かい人が多いのも自由に発信出来る理由です
枠をどんどん越えて行きたいですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。