2ヶ月でフォロワー5000以上増、904万インプ4.9万RTのツイートを出したコツを書く


はじめまして、さけびんと申します。

2ヶ月ほど前からTwitterのアカウントを運用し始めたのですが、おかげさまで5000フォロワー超えを達成しました。

また先日ツイートした内容が904万インプレッション、4.9万RTを超えました。

他にも1万・2万RT超えのツイートをちょいちょい出しています。

なぜこれだけフォロワーが増えたりRTされるツイートを作ったりできたのかを解説していきます。


▼目次
・対象をしぼる
・ツイートの統一感
・プロフィールの工夫
・1億人が興味ある話題をつぶやく
・根拠を入れる
・ツッコミどころを入れる
・最初の30文字に魂を込める
・ひらがな多め
・あえて敵をつくる
・本音を語る


対象をしぼる

このアカウントをフォローしてほしい人を具体的にイメージして、つぶやく内容を決めましょう。

そうすると対象の人により深く刺さる内容がつぶやけるようになります。

私は当初「実力はあるけれどもそれが認められず、周りに仕事ができないのに評価されている人がいて、それを悔しがっているWebディレクター」をイメージしました。

自分の周りにそういう人がたくさんいて、特にWebディレクターってあまり評価されないことが多かったのを見て、そういう人を勇気づけたり共感されるようなツイートをすることにしたのです。

実際、反応してほしかったアカウントから反応が頂けるようになりました。


ツイートの統一感

ツイートの内容には統一感が必要です。

なぜならフォローする人はアカウントのページを見る時に、プロフィールと直近のツイートをさかのぼって確認する人が多いからです。

統一感がないと「このアカウントはどういうことをつぶやくのか?」がわかりませんからね。

例えばRTが多かったり何のメリットもないつぶやきが続いていると、フォローする気にはなりません。

なので有益で、なおかつ感情を動かす熱さがあるツイートをつぶやき続ける必要があります。

アカウントを始めた当初は、反応がもらえなくても良いのでとにかく統一感のあるツイートを30ツイートほどしておくと良いでしょう。

するとフォロワー数が少なくてもその統一感を見てフォローしてくれる人が出てくるようになります。


プロフィールの工夫

私のプロフィール文は下記のとおりです。

仕事のTipsとか気づきとかつぶやきがち。現場もマネジメントも、大手企業もベンチャーも経験済み。その経験をもとに、みんなの幸せのために叫び続きます。 「さけびん」という名前です。アカウントはじめて2ヶ月で5000フォロワー以上増えました。

まず最初に何をつぶやくかを明示することで、どんなことをつぶやくのか理解しやすくしています。

また幅広い仕事を経験したことがあることを示して「この人は仕事の実力がありそうだ」と感じて頂ける情報を書いています。

それと「みんなの幸せのために叫び続けます」とすることで、つぶやく意図や思いが伝わるようにしました。

最後に「アカウントはじめて2ヶ月で5000フォロワー以上増えました。」とすることで、今伸びている注目のアカウントなのだと思っていただけるように工夫しています。

人によってプロフィールで書くべきことは変わると思いますが、「このアカウントはすごそう」「素敵なアカウントかもしれない」と思って頂けると、フォロワーが増えやすくなるでしょう。


1億人が興味ある話題をつぶやく

私は仕事や生き方についてのツイートをしているのですが、それは1億人が興味を持つ広く根強いテーマだから。

そういったテーマを選んでつぶやくことで、多くの人が反応するため、多くのRTにつながるというわけです。

どんなテーマのツイートでも拡散されるわけではありません。

なのでアカウントを作る前に、何のテーマをつぶやくのかを考えておく必要はあるでしょう。


根拠を入れる

ツイート内容の説得力を持たせるために、どういった根拠があってその発言をしているのかを明示します。

私のツイートでいうと「Googleが〜分析した結果…」や「科学的に証明されている」といった部分です。

もちろん根拠を捏造せず、ちゃんと根拠がある内容を用意する必要はあります。


ツッコミどころを入れる

4.9万RTされたツイートをよく見ると「1 人は必ずまちがえる」と書いてあります。

これを「1人(ひとり)は必ずまちがえる」と読む人が続出しました。

本来の意味は「1.人は必ずまちがえる」という形で、番号を示すものです。

しかしこれがうまい具合にツッコミどころとなり、多くの反応をいただけました。

正直コレは意図していなかったのですが、こういったツッコミどころがあると多くの反応がもらえるという学びになりました。


最初の30文字に魂を込める

人はツイートを真剣に見ていません。

だから最初の数十文字やなんとなくの全体しか目に入れずに読み飛ばしてしまいます。

なので最初の30文字には魂を込めて、人が「ん!?」となる文章にしましょう。

私のツイートを見ていただくと、強いワードだったり気になるワードが入っています。


ひらがな多め

これも先程の「人はツイートを読み飛ばす」に関連するのですが、漢字が多いと人は「難しい…」と感じて読み飛ばしてしまいます。

なのでなるべくひらがなを使うことで、誰でも読み進めやすくしています。


あえて敵を作る

ツイート内で敵を作る発言をすることで、逆にそのツイート内容に共感する人に強い共感を与えることができます。

特に日本の会社や大企業を敵対するような発言にすることで、そこに対して不満を持っている人が結束しやすくなっているというわけです。


本音を語る

フォローされたり拡散されるツイートに必要な要素について述べてきましたが、結局は「本音」をつぶやかないと見透かされてしまします。

つぶやいている内容は実際に私が仕事をしている中で気づいたことや、憤りを感じたことばかりです。

心で思ったことを言語化することで、いろんなひとの心に響くツイートになっているのだと思います。

感情は伝播しやすいものなので、そういう側面もあります。

なので嘘をつかず、本音でTwitterと向き合ってください。


参考になりましたでしょうか?

思い出したり言語化できたら今後も項目を追加していきます。

あとよかったらぜひフォローしてみてください。


PS
タイトルはこの記事を参考にしてみました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぼくも好きです。
87

さけびん

#マーケティング 記事まとめ

#マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。