笹田裕嗣@営業コンサルタント

株式会社ウレル 代表取締役社長/イノベーションハック株式会社COO/営業職専門オンラインサロン営業勉強会代表 「営業で悩む人を0にする」をミッションに、スタートアップの経営、営業コミュニティの運営、営業代行などなどやってます。

営業Q&A~気難しそうな人との関係構築のコツ~

=笹田からのアドバイス==
新年最初のテーマは「気難しい人の対応策」です。
パワポでポイントを解説しているので、是非見てみてください!

【営業の教科書NO.125】イメージ戦略

〜今日のポイント〜

・人は1つの情報だけだと正しく認識をできない
例)芸能人格付けチェック
https://www.asahi.co.jp/kakuzuke/
・人は様々な情報に引っ張られて、物の価値を決めている
・同じものでもディスカウントストアでは安売りしないと売れないのに、デパートだったら高く売れる
・高いものを売りたい、高額商材を売りたいときは、自分のブランディングを考える必要がある

もっとみる

【営業の教科書NO.124】成果が出せていない営業マンが転職活動でぶつかる課題

〜今日のポイント〜

●成果が出せていない営業の壁は「第一印象」と「質問」への対策
●採用側からすれば、「成果を出せている」これだけで採用の理由にしやすい。かつ、職務経歴書上でも第一印象が良い
●成果が出ていない理由と取り組んだことを語れるようにしておくことが重要

〜ラジオ内容はこちら〜

今日はご質問にお答えさせていただく形でお話させていただきます。成果が出せていない営業マンが転職活動でぶつか

もっとみる

営業Q&A~笹田があえて営業にこだわる理由~

=笹田からのアドバイス==
元々私はブラック営業の会社で、会社員として働いてきました。そこから独立したのは「納得がいかない商材を売りたくない」という想いからです。そして、この問題と営業のやらせ方によって、悩んでいる営業が多すぎるというのが、私が営業にこだわって事業を行なっている理由です。

【営業の教科書NO.123】SNSを個人の営業で使えないのか

〜ラジオ内容はこちら〜
SNSを個人の営業でもっと使いこなせないのかということで、今考えていることを今日はお話しておきたいと思います。

◆ポイント①メッセンジャーやFacebookだけで新規の顧客を取ることは難しい

今までは個人のSNSを活用してビジネスに活かしていくという考えとFacebookでつながって友だちになるというやり方しかなかなかなかったなと思っております。しかし個人どうしでユーザ

もっとみる

営業Q&A~営業職は経験するべき?~

= 今日の質問 ===
就職活動を行っています。営業職と事務職どちらかにしようと思っていますが、営業職はどうしてもキツいイメージがあり、あまり前向きではありません。できたら営業職以外の職に就きたいのですが、営業職は経験しておいた方が良いのでしょうか?

=笹田からのアドバイス==
営業職のこのネガティブな偏見を私は無くしたいんですよ。営業=辛い、営業=ノルマが厳しい。これってブラックな営業会社のイ
もっとみる