漫画家、編集者、志望者、必見!激論対談! 漫画原作者、鍋島雅治VSトキワ荘PJディレクター菊池健「今、漫画業界に入る意味はあるのか?」

#漫画 #漫画創作 #漫画業界


ゲスト、菊池健さん。

「トキワ荘プロジェクト」ディレクター

http://tokiwa-so.net/

鍋島雅治 漫画原作者

https://www.facebook.com/masaharu.nabeshima


https://twitter.com/SANNDAIME29


「漫画の未来を見据える男」

とボクが勝手に名づけました。

もともと、コンサルタント業をなさってて

漫画編集者でも、漫画家でもない

出版業でもない、外からこの漫画業界に入り

積極的にかかわってこられた方で、

だからこそ従来の漫画業界の枠にとらわれない

視点をお持ちであり、業界を変えていかれるのでは

ないかと期待している方です。

菊池さんとは

ボクが先に述べたような状況で(漫画雑誌の部数が

どんどん減り、単行本も売れなくなっていく)

これからの漫画業界はどうなっていくのだろう。

と憂いていて、先行きの見えない不安を抱えているときに、知り合いまして、

そのような状況下にあるにもかかわらず、

トキワ荘プロジェクトは、若い人たちを次々に育て

漫画業界に送り出そうとしている。

菊池さんたちはどういつつもりなのだろうと、

関心を持ってみていたら、いたら、

菊池さんはまず、

菊池さnはまず、いろんな漫画家さんや編集者さん、

漫画教育者の方々と、

漫画業界のトップランナーから若手まで、

とにかくいろんな方々と会いまくるところからはじめられた。

あっという間に漫画について、業界についてとても詳しくなられて、

へぇ、そういうやり方があったのかと、驚いていましたら

色んな作家さんへのインタビュー集

「漫画で食えない人の壁」

続編の「漫画で食えない人の壁」の~プロがプロたる所以編

を出され、漫画家さんたちそれぞれのお仕事の実情や

ビジネスモデルを収集、データー化された

「マンガで飯を食っていく!漫画家のキャリアプラン」

(いずれもトキワ荘プロジェクト編著)

を出されました。

マンガ志望者、漫画家さん向けのセミナーや

さまざまなイベントも催されています。

そうこうしているうちに最近は、

いろんなウェブコンテンツの人と会いまくっておられる。

先日、京都でもKindleダイレクト・パブリッシングの担当者と

comicoの担当者を招いて

「四畳半マンガ家のためのデジタル戦略講座 ?京都版トキワ荘事業のデジタルコミックセミナー?」

を開催された。

今、菊池さんは、紙媒体、電気書籍あわせて

おそらく俯瞰的に最も多くの情報やデーター、知識や見識を

お持ちだろうと思います。

ですのでさきほど申し上げたように

「今、最もマンガの未来を見据えている男」と

お呼びしても過言ではないと思います。

ので本日お呼びしたわけで

今日は、たっぷりと菊池さんの知見をお聞きしたいと思っています。

この続きをみるには

この続き:21,827文字

漫画家、編集者、志望者、必見!激論対談! 漫画原作者、鍋島雅治VSトキワ荘PJディレクター菊池健「今、漫画業界に入る意味はあるのか?」

漫画原作者 鍋島雅治

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

漫画原作者 鍋島雅治

漫画原作者 映画化ドラマけされた「築地魚河岸三代目」「火災調査官・紅紅蓮次郎」「検事・鬼島平八郎」などの著作があります。https://twitter.com/SANNDAIME29https://www.facebook.com/masaharu.nabeshima

ブログ関連で後で見返すやつ

コメント7件

とありましたので、「自由に使っても」問題はない物と認識して発表しました。失礼しました。もし、いや気が変わった!やっぱり認めない!とおっしゃるのでしたら、どこからどこまで権利を主張されるのか、例えば「調布漫画学校」においてなされた講義内容まで、権利主張されるのか、しかるべき法的書類にてお送りいただければ幸いです。当方も、それに対しては真摯に応答したいと考えております。
大変申しわけございません、過去のメールを確認いたしましたところ、「ご自由にお使いください」と確かにお伝えしてありました。こちらの勘違いでお恥ずかしいです。ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
上のコメントは残すべきか迷ったのですが、残っていてもご迷惑になりますので、削除いたしました。この度は誠に申しわけございませんでした。
いいえ、きっと何かの勘違いか失念されたのであろうと思っておりました。誤解が解けましてこれにまさる喜びはありません。早速のご謝罪、勇気のある行動と尊敬いたします。ありがとうございます。なお、文中、貴方の発言を削除いたしましたのは、とても嫌っておられるような私の著作物に、あなたの言を勝手に載せる事はお気にそぐわないのではと判断したからであります。またテープ起こしの裁量というのも貴方に教えていただいておりましたので、その旨で割愛させていただきました。他意はございませんので、ご理解たまわりますよう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。