須河沙央理

✓富山県南砺市出身 ✓利賀中→富山商高→城西大→会社員→オトバンク所属 ✓1500m4’25”03✓3000m9’30”14 ✓5000m16’27”54✓マラソン2:44’40” ✓レース中に右大腿骨が折れて30cmのボルトが入っていますが、気持ちは折れないことが強みです💪

ゆるりとしたお付き合いで今後も継続していきます #noteランニング部

恒例となったnoteランニング部。まだ2回目ですが。
のらりくらりと続けていきたいなと改めて感じた木曜日の夜@皇居でした。

★★★★★★★★★★★★★★

今回、自分の中で1つのミッションがありました。

それは「おろろくんTシャツを参加者の皆さんにプレゼントする」こと。
おろろくんについて兄上が熱く語っているのでこちらをご覧いただけると嬉しいです。

簡単にまとめると、生まれ故郷・富山県利賀村

もっとみる

記念すべき第1回#noteランニング部~控え目に言ってかなり盛り上がりました~

※はじめに。今からよく登場する「佐伯さん」とはオトバンクの広報です。うちの広報自慢というわけではないのですが、今回の大きな立役者。ちなみに私と同い年の26歳。陸上部のマネージャーとしても、いつも助けてもらってます。

★★★★★★★★★★★★

「note陸上部を実現したい…」noteの中でボソッとこう呟いたことがきっかけで、#noteランニング部 として遂に昨日、活動を開始しました。

私の蚊の

もっとみる

走れるようになりたくて休養期間に8kg増量。フルマラソン走れる身体に。

陸上競技を始めて15年目に入りました。そのうちの2年弱、ちょっと休んでいたときのことを備忘録として記したいと思います。

中学校→高校→大学→実業団→会社員(休養2年弱)→オトバンク

高校→大学→実業団、この間の約7年はケガとの戦いでした。現監督の山崎さんには、大学1年生の頃から治療でお世話になっていて、こんな身体で走れるわけないよ、と言われ続けてきました。

じゃあどうすれば走れるのか、と聞い

もっとみる

走りながら発信し続けたら、世界が広がった。〜note&Twitterからの出会い~

もうすぐで春分。5時50分からの朝練習に合わせて目を覚ますと、外がもう明るいです。日が落ちるのもゆっくりになってきました。行動範囲が広がって嬉しいのですが、春はわりと嫌いです。

新しいものが溢れていてどこか落ち着きがなくて、人々のよそよそしい感じに緊張感を駆り立てられてしまうからです。のんびりマイペースな性格だからかもしれません。。

でも、春といえば出会い。自分自身の成長につながってきた出会い

もっとみる

副賞の宮崎牛と定食屋さん

大好きな定食屋さんがあります。

陸上部発足に伴い、寮へと引っ越した1年前に遡るのですが。
冷蔵庫なし、ガスコンロなし、電子レンジなし。まだ何も家電を揃えておらず、田中さんと夕食を食べるお店を探していました。そこで、「定食」と書かれたお店を発見。第一印象は、この街のことは何でも知ってます、と静かに語っている昔からあるお店。ディープな佇まいから、私達ふたりでのれんをくぐるのには少しだけ勇気がいりまし

もっとみる

兄と掴んだマラソン初タイトル~延岡西日本マラソン兄妹優勝~

「お兄ちゃんもいい走りしてる!」「兄貴先頭走ってるよ!」

「須河さーん!」「さおりちゃん頑張って!」「妹もいい走り!」

ここは地元かなと思うくらいの、沿道からの温かい声援に何度も励まされゴールテープを切ることができました。やっぱり名前で呼んでもらえるのは嬉しいです。

昨日の第57回延岡西日本マラソン。男子選手にとっては若手の登竜門と呼ばれる歴史ある大会。一方で、女子の部は第53回大会から始ま

もっとみる