人はなぜ失ってからその大切さを知るのだろう。戻すことのできない時間がもどかしく、普遍的なものなど無いのだと実感する。ただ、戻れないこそ、ふと立ち止まったときの追体験は記憶そのものよりも輝かしい。美しく利己的に歪曲され解釈された思い出は、時に慰めに、時に師に、時に生きる力になる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます! いつか本を書きたいのでその資金にさせて頂きます😊

I'm thankful😊
13

Sayuri

英文学部卒業後、医療メディアで勤務中。日常の呟きや、友人へのインタビューを主に載せています。中国吉林省生まれの日本育ちです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録