メンタル

今日は、スポーツ選手にとって必要なメンタルについて書きたいと思います。

私自身、メンタルトレーナーがついているわけでもないのですが今回は私を例に挙げていきたいと思います。

私は基本的にネガティブになる時はありません。

記録が伸びない時、怪我をしている時、ネガティブになりがちですが、どんな状況であれ課題を明確にし、やらなければいけない事を行なっていれば必ず自分にとってプラスになると考えているからです。

例え頑張っていて結果が出なかったとしても必ず何かを得ているはずです。

本田圭佑選手がよく言っています。

"成功にとらわれるな!成長にとらわれろ。"と。

この言葉に私自身何度か救われました。

ハードなトレーニング時、心が折れそうな時、いつも頭をよぎるのは本田選手の言葉です。

ここで折れたら成長すら出来ない。と。

目の前の成功も大切ですが最終的な大きな目標での成功、成長の方が大事ではないですか?

普段私は練習の時、どんな気持ちで臨んでいるのかというと。

コーチから出されたメニューをこなすだけではなく、一つ一つのメニューを試合と同じ感覚で行うようにしています。そうする事で普段のトレーニングから養われるメンタル。試合時でのマインドコントロールをする事が可能になりました。絶好調時、絶不調時、どんな状況であれある程度のラインまでは自分自身でコントロールし大事な場面での調子を上げる事が出来ます。

皆さんも試合の日にピークを合わせられず焦った気持ちになった事はあるでしょう。

日々のトレーニングの中で週の1日を決め、この日のトレーニングで疲労が溜まっていようが感覚がズレていようがある程度のラインの調子まで上げて練習を終えるトレーニング方法を見つけて試してみてください(^^)

ピークの合わせ方、マインドコントロールが出来るようになると思います。

なんだかこう書いていると

試合での結果ももちろん大切ですが、自分との戦いに負けたくない、自分自身の可能性を信じているからトレーニングをしているような気がしました。

ライバルに負けたくないというよりも自分に負けたくない。という気持ちがいつも強いです。

皆さんはどんな気持ちでトレーニング、試合に臨んでいますか?

私自身何が正解なのか?正解はあるのか?分かりませんが多くのスポーツ選手、ジャンルの違う方々の意見を参考に今後自分のものにしていきたいと思いますので教えてください(^^)


everyday is gameday!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

山本聖途

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。