ソトノバ・ライターズクラスその①

はじめに

On Businessで、自社のスマートシティにおけるコミュニティ創り、住民向け新規サービス創りに、Off-Time=週末に「トレーニングで街づくり」をテーマに取り組んでいるチームDaddy Park Training に参加している関係で、最近、コミュニティづくり、場づくり、街づくりについていろいろ考えるようになりました。
物質的、経済的に豊かになった現代だからこそ、合理的に計画され

もっとみる

野球選手にとっての「理想の体型」とは? その2:「骨盤前傾・肩甲帯伸展体型の筋肉の付き方は? 下半身編」

下半身の筋肉の付き方そのものが違う

「骨盤前傾・肩甲帯伸展体型の人の脚」と、「骨盤後傾・肩甲帯屈曲体型の人の脚」を比べてみると、実に大きな差があることがわかる。そもそも両者は、下半身の筋肉の付き方からして異なるのだ。

「骨盤前傾・肩甲帯伸展体型タイプ」の下半身の筋肉の付き方

・骨盤が前傾しているため、ヒップアップしている。

・ふくらはぎが細くなる

・もも裏に比べて、前ももが細くなる

もっとみる

あなたの背骨に自由はあるか

選手の皆さん、自分の背骨に意識を向けたことはありますか?

背中は鏡でも使わないと自分で見ることはできませんし、普段もなかなか意識しないかもしれません。

だからこそ、背骨を意識して動かせる選手とそうでない選手には大きな差が生まれやすいとも言えます。

アメフトでもめちゃめちゃ大事

イチロー選手はいつもねじってますね。

メッシ選手は非常に背骨の使い方がうまい選手の一人

もちろん、上記のような

もっとみる
ありがとうございます!あなたの「スキ」が励みになります(^^)

HSTメソッド【Dumbbell press】

他にはない自律神経が整う唯一無二の脱力メソッド(HSTメソッド)について解説していく。

東京北区駒込のフィットネスクラブエリムガーデンの代表トレーナーでもある比嘉は、20年以上の筋トレ歴、都内で三本の指に入るスキルフルな老舗パーソナルトレーニングジム経験、世界で初めての心療内科専任パーソナルトレーナー、整骨院オフィシャルトレーニングアドバイザーなどの経験があり、科学的根拠とその経験から編み出

もっとみる

ダイエット用プロテインを探している人に、ぜひ知ってほしいこと(前編)

先日、パパ友に、
「体脂肪を落とすには、どうすればいいですかね?」
「ダイエット用のプロテインとか探してるんですが、お勧めはありますか?」
とご相談いただいたので、僭越ながらアドバイスさせていただきました。

せっかくなので、このnoteでもシェアできればと思い、以下に記載します。

私の経験談を含めになりますが、「体脂肪を落とす」ことを目的とした場合、方針としては以下の流れがお勧めです。

※調

もっとみる
スキして頂き嬉しいです!差し支えなければ、フォローも宜しくお願いします
5

運動後の栄養補給に関する最新の知見

こんにちは、EIYOライターで2ツ星栄養コンシェルジュ®︎の肩 祥平です。

みなさん、トレーニングしていますか?

夏に向けていいカラダになるために、日々トレーニングをしている人も多いと思います。

私も夏に向けてトレーニングしている1人です!笑

では、みなさん、トレーニング効果を最大限に引き出す方法を知っていますか?

トレーニング効果を最大限に引き出すため方法に、食事・栄養補給はかなり重要

もっとみる

野球選手にとっての「理想の体型」とは?  その1:「まず、骨盤前傾と肩甲帯伸展を手に入れよ!」

一般的なウェイトトレーニングでは「西洋人と東洋人のパワー差」を埋めることはできない

昔から、メジャーリーガーと日本人選手との間のパワーの差は歴然であると言われてきた。

実際に、2019年7月現在の状況では、メジャーリーグで「十分にパワーで通用している打者」と断言できるのは大谷選手ただ一人だけ。一昔前の日本人野手全盛時代から考えれば、実に寂しい状況だと言わざるをえない。

野手よりも多少マシとは

もっとみる

ダンクチャレンジの思いと経過報告

2019年は目標設定してバスケしています。(自分勝手に付けた目標ですが。笑)

その目標は『ボースハンドダンクを成功させる』こと。

188cmもあるなら余裕だろ!って声も聞こえてきそうですが、そうじゃないんです。

自分は決して身体能力に恵まれていません。初めてダンクできたのも高校時代、大学になってもそれほど能力が伸びず、ダンクできませんでした。

自分は諦めの早い性格でした。なので、何回もチャ

もっとみる

強力な変性意識に入る方法【中級】

※このNoteは催眠状態(変性意識状態)に入ったことのある方向けの内容となっております。

[イントロダクション]

 ある程度、催眠術という技術(古典催眠)に慣れればその次にエリクソニアン催眠(現代催眠と呼ばれているもの)や自己暗示を含めた自己催眠への道に手を出す方がいらっしゃるかと思われます。

 私も実はそうで古典での他者催眠が成功し次のステップに進もうとした際に手を出したのが自己催眠という

もっとみる