スペースサイエンス3〜ホットな薬局空間

調剤薬局、市販薬局、ドラックストア

専門性と一般性の融合する空間

疾病だけでなく健康、生活、地域と向き合う時代

お客様(住民)は変わらない

変わるとすれば、点で接するのか、面で接するのかの向き合い方、接客スタイル

暮らしに寄り添うには、専門性を消すことも必要

正論、効率だけでは測れない

日常の中で薬局の空間が支持されるには、ヒト、モノ、コトの一般性のバランスが大切

中途半端なコーナーづくりや、スタッフ育成は、かえってお客様の混乱を招く

ヘルスコミュニティ空間の居心地は運営側と参加側の調和で育まれる

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Community Health

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。