工事中断から3年の台湾ドーム

行政側と民間側の見解、解釈の違いから工事が差し止められ3年が経過している台湾ドーム。

8割方はできているようだが、全てに屋根がかかっているわけではない。
かなり老朽化が進んでいると思われる。

見解の違いから工事が止まっているが、物理的に厳しくなってきては、永遠に完成はしない。

このまま、世界最大級の未完成建物が廃墟となるのか。

https://www.nna.jp/news/show/1738126

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

関原 宏昭

とまり木

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。