見出し画像

プレステで球ころがし【ゲーム:TAMA (PS1)】

あらゆる困難を乗り越えて、行けTAMA!!!
昔、箱の中にパチンコ玉を入れて、慎重に転がしてゴールを目指す立体迷路なる玩具がありました、自分も結構やった記憶がある。
この「TAMA」はそんな玩具をプレステで再現しようとした作品だ。
プレイヤーは大地を傾けて主人公である青い球体「たま」をゴールへと導き転がす!とてもコンセプトとしては面白そう。
だけど時は1994年、発売日はプレステと同じ12月3日。そんな時代に3Dポリゴンで作られた複雑な地形をこれまた3Dポリゴンで作られた球体をサクサク転がす事が94年にあるとは到底思えない・・・。

難しさとその他もろもろが「たま」の行く手を阻む!
その推測は当り、マップを動かす操作は非常にモッサリとしていて(特に傾かせるのが)、「たま」を細かく誘導するのは難しい。
又、無駄に多いギミックのおかげでマップは見づらく、難易度がノーマル以上だとシビアな時間制限のおかげで難易度はかなり高い。しかもアーケードからの移植という訳でもないのにコンティニューの数に限度が存在している謎の仕様で更に難しさが増している。

でもオプションで難易度変更はできるのでイージーにしてクレジットを最大にすればなんとか一時間かからずクリアできました。プレイするなら難易度はイージーでプレイする事をお勧めします。

感想としてはなんだか企画は良かったけれど、操作性もろもろで損してしまっている勿体ない作品という印象です。まぁ今となってはそれはそれで味わい深いものにはなってはいますけどね。
もしもっと後期に発売されて、アナログスティックで遊べていたら印象はちょっと違ったかもしれないです。

だけど説明書は「タイムワーナーインタラクティブ(元テンゲン)」らしい、ノリノリでテンションの高いものになっていて、 プランナーやプログラマー達のコラムやつぶやきがあったりと相変わらずのユルいクオリティで楽しく読めるぞ。むしろゲームより説明書が面白いぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

映画鑑賞と積みゲーの資金となります…たぶん

フッフッフッフッ
2

SF007

えすえふぜろぜろせぶんと申します。新作からマイナーな映画やゲーム、アニメの感想や、自分で描いた漫画などをなにかしらあげて行きます。それとお仕事募集中です。連絡先…sf007.comic※gmail.com

SF的ゲームレビュー

新作よりも中古ゲーム。メジャーよりもマイナーなゲームをこっそりレビューしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。