mirage ver4#4

「わかった。今、ボディーガードを向かわせている。そのボックスで待て。」 無事かどうかも聞かないなんて。私を何だと思っているのか。 「一人で大丈夫。そんなのかえって足手まといになるだけ。」 「いいから、その場を離れるな。グレーのバンが来るはずだ。後は、そいつにまかせろ。奴らに探知される恐れがあるので切る。」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

SFujiwara

mirage

SF Action story
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。