声を上げたオーナー店長やコンビニ加盟店ユニオンを支持します ~学生バイトの私たちもオーナー店長の労働条件を改善してほしい。

 ブラックバイトユニオンは、コンビニで働くアルバイトから年間数百件の相談を受けています。

 私たち学生バイトは、バイトなのに重責を負わされ、休めない、辞められない、残業代が支払われないなど多くの問題を抱える職場で働いています。

 学生が強いられているブラックバイトも、オーナー店長が強いられている過酷労働も、原因は同じです。コンビニ本部が利益を独り占めしているので、現場は限られた予算で、24時間365日営業を回さないといけません。すると、オーナーかバイトのどちらかが犠牲にならざるを得ないのです。

 コンビニ本部の皆さん、24時間365日営業をやめて、楽に働ける環境を作ってください。利益を独り占めせず、オーナー店長や従業員が適切な収入を得られるようにしてください。そうすれば、私たちも余裕を持って安心してコンビニで働けるようになるはずです。

 アルバイトにとっては、時には、オーナーが違法労働を強いる「加害者」となってしまうこともあります。しかし、コンビニのシステム全体をみれば、アルバイトもオーナー店長も同じ問題の「被害者」なのです。

 オーナー店長の皆さんが勇気を出して声を上げた今、アルバイトもオーナー店長も同じ問題の解決のため手を繋ぎたいと思います。

 ブラックバイトユニオンは、今回勇気を出して声を上げたオーナーやコンビニ加盟店ユニオンを全面的に支持します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

総合サポートユニオンの活動を応援してくれる方は、少額でもサポートをしていただけると大変励みになります。いただいたサポートは全額、ブラック企業を是正するための活動をはじめ、「普通に暮らせる社会」を実現するための取り組みに活用させていただきます。

嬉しいです!今後の情報発信にもご期待ください!
6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。