香港 油麻地 功夫點心 ~店名は安っぽいけど、なかなか美味い点心

雨上がりにMRT油麻手駅から南へ。油麻地の問屋街を抜ける。

東京のことはよく知らないけど、大阪でいうと千日前あたりの雰囲気。道具屋筋にあるような業者向け機材(今風にいうとB2B商材)が売られている。しばらく歩くと美都餐室(Mido Cafe)に到着。

日本などのガイドブックでも紹介されているらしく、観光客らしき女性が日本語や韓国語を話していた。一人で来るのは僕のようなおっさんばかり。
ミルクティー

香港と言えば、な飲み物。このカップも香港式カフェ(茶餐厅)で、よく見かける。
海老パン(Shrimp toast)

4つ登場するけど、2個でいいな。途中から飽きてくるから。
マカオ風ポークチョップライス

お米がイマイチ。これは、「マカオ風」が何なのかを知りたくて注文。ミラノ風カツレツを載せているからなのか?だったら、マカオ風ではなくミラノ風?
マカオでポルトガル料理を食べた時に、ミラノ風カツレツが出てきたのを思い出した!結局、薄いカツは、どこ風なのか?牛カツだったらミラノで、豚カツだったらポルトガル(マカオ)になるのだろうか?中国で食べるトンカツも薄いので、マカオ風と変わらない。
今度調べてみよう。
あと、これに限らず、香港人は、食べ物に勝手によその地名をつける癖があるらしい。代表格は福建炒飯。福建省にはない福建炒飯だが香港にはある。そういう香港人が日本に天津甘栗などのイメージ地名付き食べ物をもたらした、に違いない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

m akifumi

2回目の上海駐在です。上海・香港・台湾に関するビジネスや食べ物、経営管理や業務効率化に役立ちそうなことを書きためています。大阪市出身。引っ越しが多いです:大阪市→神戸市→ボストン市→西宮市→バンクーバー市→横浜市→川崎市→白河市→大阪市→上海市→池田市→上海市(現在)。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。