【参加レポ】<しゃべるメシ講座>しゃべりだけでメシを食うコツ教えます!に参加して

どーも!「SHIFTGOOD」の高橋です。

今日は先日開催された、「書くメシ」のしゃべる版「しゃべるメシ」のイベントに参加してきたことについてnoteでカキカキさせてもらいました。一言で言えば「参加レポ」でしょうか。


ところで先ず「書くメシ」とは?

「書く」を武器にメシを食う。
単に書くスキルを上げるだけでなく、読み手の行動変容を起こすことを目的とする会員制コミュニティ。


続いて「しゃべるメシ」とは?

「しゃべる」を武器にメシを食う。
単にしゃべるスキルを上げるだけでなく、聞き手の行動変容を起こすことを目的とするイベントです。



ではこちらのイベントのレポートでーす!


もくじ

1しゃべるテーマ
2しゃべるための準備
3しゃべってリピートをもらう為には?
4おまけ


1しゃべるテーマ

いきなり問題ですが、どちらの方が良いと思いますか?

しゃべるテーマが、

1 決まっている
2 決まっていない


答えは、「テーマが決まっている」

なぜなら、しゃべるテーマが決まっている方が喋りやすいからです!

テーマに関して決まっていないほうが、好きなことをしゃべれるのでしゃべりやすそうですよね。しかしテーマが決まっているとそのテーマの属性の人が集まるので、そのテーマについてしゃべることで皆が満足して帰ってくれるそう。

なのでテーマが決まっていないとすると、様々な属性の方が来てしまい、満足して帰ってくれる人も少ないそう。それに参加者のリアクションも少ないため、しゃべっても盛り上がらないようですね。ツライ!


では仮に、テーマが決まっていない状況で喋る時はどうすればよいのか?

実は講師あるあるだそうで、そんな時は先に!
・先に、色々と質問する
・先に、属性を聞く
・相手に合わせて、話すようにする

これらのことにより、1対多のコミュニケーションが、1対1のコミュニケーションとして成立して、参加者の満足度がかなりあがるそうです。

盛り上がるわけですね!メモメモ!


2しゃべるための準備

しゃべるための準備として、インプットも沢山するが、アウトプットも沢山する事が重要とのこと。

上手になるポイントとして、
・喋って講演する人を観察する
・下手なやつを分析する
・自分のだめなところを書き出す


下手な人の特徴として、早口だったり、自信がない人が多いそう。ですねー!自分もww
ただそれは、勝手に自分を良く見せようとしていて、自身で緊張を高めているよう。わかるわー!なので、緊張と緊張感について知ることが必要ですね。

その際の、緊張と緊張感は違うのは。

緊張・・・普段の自分より良く見せようとして、自信がない
緊張感・・・ドキドキして普段よりも力が出せる状態

ここはポイントとのこと!

自分をより良く見せるようとすると緊張すると、さらに緊張するので、
「ひらきなおり」が大事です!

3しゃべってリピートをもらう為には?

しゃべるってメシを食おうとするには、しゃべってメシを食い続ける必要がありますよね。そのために必要な部分として、重要なのがこちら。

「姿勢、目線、手振、発声」

これら基本を大切にすることで、次回以降のリピートにつながるようですね。主催者から、「なんやこいつ!」って思われたら次がないですよね。そのためには「姿勢、目線、手振、発声」気をつけましょう。要チェックです!


またしゃべるときには、

「一人一人に声をかけるような喋り方」

をすることがポイントだそうです。

もちろん、リピートさせる仕掛けを自分でどんどん行うことにより、リピートが来る。

「共感と納得、体験談と数字」

を意識して下さい!とのことでした。


4おまけ

・話すのが上手い人は目的や構成が決まっている。

・終わり方が大事です!しゃべっている最後の方では、段々と盛り下げず、盛り上がらせて終わること。

・発声練習
初級編:寝ながら「アー!」とずっとやる → 声が出るようになる
中級編:寝て足を90度 この状態で「アー!」 → さらに声が出るようになる


それにしてもイベント、楽しかった!!また行きたいし、次は自分が開ける方にならなければな〰!なんて、今回主催のゾエさん、徳倉さん含め、皆様ありがとうございました!!

ゾエさんはこちら

徳倉さんはこちら



「SHIFTGOOD」管理者 タカハシケンジ


私タカハシはTwitterやっているので、もしよければぜひ😁



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂ければ、今より更に頑張れます! 日本、世界中への感謝を忘れません。 明日がより良くなるよう、皆で進みましょう🎵

バリ嬉しいです😁
11

タカハシケンジ/ワークライフサポーター(働き方実験家)

1児のパパで関東からUターンして、地方都市での暮らしを楽しんでいます。地方だからこそ「自ら日々変わること」を意識しています。良いと言われる仕事や人生よりも、自分自身が楽しい仕事や人生を歩みます。 ワークライフサポーターの理由はhttps://liginc.co.jp/461984
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。