2018年、圧倒的に買って良かったもの

今年は水面下で家族に色々と激震が走ってましたが、そのせいもあって生活の質のチューニングが例年になくうまくいった年でもありました。私も大人になりました。……そこで2018年、生活において圧倒的に買ってよかったもの、また使ってよかったサービスの一部をここで、ご紹介していこうと思います。サムネで正気かと思ったみなさんに捧ぐ。

■IDEA ビットコイントートバッグ

圧倒的に買ってよかったビットコイントートバッグ。去年圧倒的に買って良くなかったものといえば、最高値をつけたとき乗るしかないこのビッグウェーブにと血迷って買ったビットコインでしたが、端的に言って浅はかの極みでした。あのときの失敗を二度と繰り返さぬよう戒めのために買ったIDEA社のビットコイントートバッグ、かなり使えます。大きくて頑丈で何でも入る。今や価値が半分以下になっている本家ビットコインに比べたらなんと優秀なことでしょう。本家ビットコイン、お前も頑張れよ。反対側には白で「IDEA」とプリントされており、冗談が通じるシーンではBitcoinを、冗談が通じないシーンではIDEAを表に向けるという柔軟な使い方が出来ます。ちなみにこのバッグや製造元がビットコインと何か関係があるのかというとおそらく何ら関係がなく、ただBitcoinとプリントされているだけです。

エトヴォス ミネラルスタイリングパウダー

圧倒的に買ってよかったエトヴォスのミネラルスタイリングパウダー。前髪がすぐにベタつくので困っている人には絶対におすすめです。スポンジ状のヘッドを、頭皮の根本、ベタついている部分中心にポンポンすると、パウダーが余計な油分を吸ってくれ、洗いたての髪のようになります。湿気の多い日はもとより、前日深酒をしてシャワーも浴びずに寝て起きたら打ち合わせの時間まであと30分しかない!というときにもとりあえず髪の毛はこれでやんわりごまかせる。持ち運びにも便利なサイズです。

■鈴木仁子さんのピアス

圧倒的に買ってよかった鈴木仁子さんのピアス。陶器に金彩の施されたこちらは、使い込むほどに金彩が剥げて陶器の絵柄が見えてくるそうです。こういったものの場合私は大抵、できるだけ早く馴染んだ感じを出したくなって、過剰に手を加えようとしてしまいますが、このピアスに限っては今のバランス、今の色味がとても好きなので、なるべく丁寧に使って時を止めたい気持ちと、でも、目に見える変化を見届けたい気持ちとがありますね。

■Googleホーム

圧倒的に買ってよかったGoogleホーム。厳密に言えば私が買ったわけではなく私の恋人が”君たち(私と子供たち)がGoogleホームを囲んで楽しそうに喋ってるのがなんとなく想像できたから”という理由でなんでもない日にプレゼントしてくれた(圧倒的に素敵)のですが、これによってライフスタイル大きくが変わりました。まず、日常的に音楽を聴くようになった。Spotifyと連動しているので「OK Google、宇多田ヒカルをかけて」とか言うと勝手に適当に流してくれます。それからタイマーもGoogleホーム、天気や気温が気になってもGoogleホームに聞きます。さらに、他のいくつかの機器と連動させてより一層便利になってます。

NatureRemo

Googleホームと連動して使うために買ったこちら、Nature Remoも圧倒的に買ってよかったです。現在はエアコンとテレビの操作について、リモコンを使わずこのNature RemoとGoogleホームでやってます。
「OK Google、エアコンをつけて」
「OK Google、消音」
「OK Google、2チャンネルにして」
というように音声による指示です。もう本当に便利です。siriが出たとき、音声による指示って特に日本語には馴染まないので私が使う日が来ることはないだろうと思っていたんですが、そんなことはなかった。
Nature Remoのセットアップのシンプルさにも驚愕でした。機械が苦手な人でもこれなら確実に大丈夫。

Meross スマートコンセント

Googleホーム関連でさらにもう一つ、圧倒的に買ってよかったのがこのスマートコンセントです。我が家は2階建てでして、寝室が2階の北側にあります。冬場の夜の寝室は冷蔵庫のように寒いです。そこでここ数年は電気毛布を敷いてその上に寝ていたんですが、電気毛布で先に布団を温めるために、寝る30分ほどまえに冷蔵庫の寝室に入るのがもうとにかくめんどくさくて嫌だったんですよね。そこで導入したこちら。このコンセントのオンオフを、アプリやGoogleホームで行えるというわけなのです。つまり、電気毛布の電源をこのスマートコンセントに挿してから壁のコンセントプラグに挿しておく→電気毛布は常に中温くらいにセット→寝る30分前くらいに温かい居間からアプリまたはGoogleホームで電気毛布の電源をオン→寝る頃には布団がぬくぬく、ということになっているのです。これは本当に画期的なテクノロジーで、電気毛布必須の生活をしている人には強くおすすめします。

Phillips Hue スターターセット

スマートライト(というのかどうなのか)のHueはなぜか沢山あったドコモのdポイントで買いました。「OKGoogle、玄関の電気を消して」というとGoogleがちゃんと「わかりました、玄関の電気をオフにします」と言って自動でリビングの電気を消してくれます(※設定ミス)。

■カット野菜

今年は最低限の手間と最低限の材料、”最近自炊してないな、、”なんていう罪悪感も最低限の、「最低限料理」なるものを考案しました。この上でカット済み野菜というのは欠かせないアイテムです。何せ切ってあるんだから。包丁とまな板を使わず、既に切ってある野菜を肉や魚とともに炒めたり茹でたりするだけ、となると料理は俄然楽になるんですよね。最近はこのサラダクラブの充実でカット済野菜のバリエーションも増えてありがたい限りです。

プリネイル

ツイートが謎にバズった10秒ネイルプリントマシン、プリネイル。なんとツイートがメーカーの中の人に届いて、後日、実機をいただいてしまいました……という事情を、決してステマにならないよう明記した上で忖度一切なく言いたいのですが、ここ数年で最も感動したテクノロジーでした。これについては近日?メディアで記事を書きます。

今年よく使ったサービス

カレコ・カーシェアリングクラブ

買ったわけじゃないんですが、今年相当利用したサービス、カーシェア。当方都心在住につき近隣に5,6箇所カレコのパーキングがあるので、急遽必要になっても借りれないということはほぼなし。車を持つより圧倒的に安いし、メンテの手間はかからないし、本当に便利でした。

■Uber eats

今年はこのUber Eatsが彗星のごとく目の前に現れ、たちまち生活になくてはならないものとなってしまいました。おかげで我が家のエンゲル係数が信じられないことになってます。来年はもう少し距離を置いた、大人の付き合いをしなければなりません。

■Amazon Prime Now

プライムナウもやはり去年に引き続きとてもよく使いました。トイレットペーパー、ティッシュペーパー、米、飲み物の類を店で買って自分で運ぶ、ということをしなくなって随分経ちます。その日に届くというのは本当にありがたいです。


番外編:今年出会ってしまった新世界

■オールドバカラ

お誕生日に初めて行ったレストランで、ガラスに金彩の施されたそれはそれは素敵なグラスで水とワインが出てきまして「わあ、素敵」と思わず口に出すと、俳優のような店員さんが「これは100年前のバカラです」と。そんなことがありました。できることならば知らずにいたかった、オールドバカラの世界。今年は金銭的にも精神的にも未熟で手が出なかったのですが、いつかきっと私のもとにやってきますように。あたかも100年前からそう決まっていたかのように、できるだけ自然な形で。

ロイ・ハーグローヴ

今年は沢山Jazzのライブに行きました。中でも特にかっこよくて痺れたRH Factor。ライブ後インスタグラムに写真をあげたら、紅一点メンバーのReneeからカジュアルにコメントがきて、基本は鍵垢の彼女と今やまさかの相互フォローです。次に聴けるのはいつかな、と期待していたので、まさかその後半年も経たずしてRoy Hargroveが亡くなってしまうとは夢にも思わず、残念でした。

■ジョージア・オキーフ

来年は服を縫ったりしたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

128

紫原明子

マガジン2

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。