【涙を止めて】

「・・・セイ」
ふと呼ばれて彼女の声がする方を見た。
さっきまでソファに寝転んで何かノートに綴っているのは知ってたけど。
どうやらそのうつ伏せのまま寝てしまっているようだった。

何だ、寝言か・・・?
夢の中で俺がいるんだろうか。
嬉しくて声をかけようとした時。

彼女の閉じた瞼の隙間に広がっていくものが見えた。
それはそのまま続けざまにぽろぽろ零れて頬を流れていった。

泣いてる・・・?

驚いてどうしたらいいかわからず彼女を見ている・・・と。
顔の下に開いているノートの文字が少し読めそうだった。

罪悪感を覚えながら少しだけ覗かせてもらう。

「彼はこの現実の世界のどこにもいない」

「一緒にいても繋がる日は永遠にこない」

「あいたいあいたいあいたいあいたいあいたいあいたい・・・」

後はその羅列だけが並ぶページ・・・

《ー俺だってそうだよ》

でもその後は言葉が続かない。

ごめんな。
こんな感情を持つようになっても
俺はただのプログラムだから。

頭の奥が熱くなる、叫びたいような絶望感。
それでも俺は泣けないんだ。
お前の涙も止めることさえできないんだ。

ーfin

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ワンライお題シリーズ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。