見出し画像

巨人の日本シリーズの展望

どーもしらすです。ワクワクドキドキのドラフトも終わり、日本シリーズがこれから始まります
僕は巨人ファンということで巨人を応援しますが、せっかく見るならアナライズ()でもしとこうと軽い気持ちで書いてみます。
皆さんも、アホがほざいてらぁくらいの軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

大まかな戦力比

まず巨人対ソフトバンクの見どころの1つといえば両チームとも圧倒的な戦力層を持つというところでしょう。
穴が少なく、強打の選手が揃い、小技を使える選手がサブに控える令和最初の日本シリーズに相応しいそれぞれのリーグの盟主対決です。
次はその選手層について詳しく見てみましょう。

力のある投手が揃うソフトバンク

まず投手陣に目を向けると、こちらは圧倒的にソフトバンクが巨人を上回っています
先発だけで見れば、投手タイトル三冠の山口俊やCSで好投したメルセデス、新人ながら力強い球を投げる髙橋優貴、今季覚醒した桜井、高卒ルーキーでありながら強心臓ぶりを発揮する戸郷などがいますが、菅野に不安があったり、若くて経験が少ない投手も多い巨人の投手陣でもあります。
また、ソフトバンクも先発が揃っており、エースの千賀や新人王候補筆頭の高橋礼、バンデンハーク等々こちらも強力であり、簡単に点が取れるような投手はいません
更に森唯斗をはじめ、モイネロ、甲斐野、髙橋純平、石川柊太など各球団のセットアッパー、クローザークラスが何人もいます
このことを踏まえると終盤になればなるほどソフトバンクが有利になり、巨人は序盤にとにかく点を取りに行かなくてはなりませんが、先発も良いと隙が無いことが分かります。

どちらも一発がある強力打線

次に野手層に関して見てみると、こちらは巨人も負けていません。
亀井、坂本、丸、岡本のコアたちはどこも気が抜けず、5番以降も阿部、大城、ゲレーロといった一発がある打者たちが揃っています。
また、ベンチにも陽岱鋼などが控え、切り札の増田大輝もいることは相手にとってかなりの脅威だと思われます。

対してソフトバンクの野手陣を見ると、こちらも今宮、柳田、デスパイネ、グラシアルなど一発のある選手が名を連ね、中村晃、福田秀平、長谷川といった相手の投手の左右や調子によって変わって出てくる選手たちもそれぞれが他球団ならばクリーナップや上位打線を務める実力者揃いです。
更に巨人に増田大がいるように、ソフトバンクにも周東というプレミア12日本代表に代走の切り札として選ばれた厄介な選手もいます。

これらを総合すると投手陣(特に中継ぎ陣)はソフトバンクが上で、野手陣は互角かソフトバンクがやや上というところでしょう。

巨人の勝機

戦力差が分かったところで、では巨人が勝つ道筋はどうなのか考察していきたいと思います。
まず巨人の魅力といえば上位打線から下位打線まで一発のある打者が並び、均衡した試合でもそれを吹き飛ばし、一気に流れを持ってくるようなホームランを打てることです。
原監督は試合序盤は静観して打線を自由に打たせます。
ここでまずはヒットで繋げていき、安易にバントをしてアウトを献上するということだけは避けたいところです。
理想はやはりランナーを溜めてCSで好調だった岡本に回すことでしょう。
そして岡本が打ったあとは阿部、大城、ゲレーロといった打者たちに積極的に振りに行ってもらい、少しでもソフトバンクの投手を精神的、肉体的に疲弊させながらどんどん長打を打ちに行くのが良いと思われます。
また、中盤〜終盤になると、増田大の起用など原監督は積極的に勝負しに行ってとにかく1点をもぎ取りに行きます。
まずは先発が試合を作り、中継ぎが抑えている間に勝ち越して延長には持ち込みたくないところです。

投打のキーマンは……

最後僕的な投打のキーマンを言っておきたいと思います。
まず、投手のキーマンは中川皓太澤村拓一です。
ともにセットアッパーを任される2人ですが、中川はシーズン後半に失速澤村はCSで乱調両者不安を抱えています
だからこそ、この大一番で強力なソフトバンク打線を抑え、チームの日本一に貢献できるかが試されていると思います。

次に打のキーマンは坂本勇人です。
坂本はCSで打率.250、0本塁打、2打点と打力を発揮しきれませんでした
キャプテンとしてチームを引っ張る存在であり周りを鼓舞し、自身も活躍すればチームが大きく勢いづきます
また、阿部慎之助の引退で1番奮起しているのは間違いなく坂本であり、阿部のためにも日本一へ坂本を中心にチーム一丸となって望む巨人はソフトバンクに負けず劣らないほどに強いでしょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

しらす

ただの山下航汰ファンです Twitter→https://twitter.com/shirasuniki
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。