宇宙の話

宇宙に関しては
昔からずっと好きだった

小学生の時にブルースウィリスの「アルマゲドン」を映画館で見て
心を打たれ
そこから宇宙には「ロマン」しかないと思っている

宇宙には正解がない

「宇宙について」
みたいな本がたくさんあるが
あれらはあくまでも、空想に近い

アインシュタインのように
あらゆる物理学者や宇宙学者が
説を立てては覆され
その繰り返し

今の常識が
宇宙では全く通用しない


自分が宇宙物理、量子力学の中で一番驚いたのが
「量子もつれ」


これを知ってるかで知っていないかで
人生が変わってくる

それくらい衝撃を受けた


この世界には「時間」がある


世界には時差があるように
日本国内でも微妙に時間が違う

むしろ、同じ学校のクラスに座っている生徒全員
微妙に時間が異なっている
0.00000001秒ほどの差しかないのかもしれないが
全員時間が違う

時間が違うということは場所も違う

それは時間でもなく、空間でもなく
「時空間」になる

この時空間を移動するには
時間がかかる
例えば、日本からイギリスに行くには
飛行機に乗って13時間かかる

しかし、、

「量子もつれ」の仕組みを使えば
この時空間がどんなに離れていても
たとえ、宇宙の果てと果てでも

一瞬にして移動できる


つまり時空間を飛び越えられるのだ

なぜならこの時空間を作り出している仕組みが
「量子もつれ」だと解明されている


タイムマシンも夢ではない

もうロマンしかない

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

随想

代表、成嶋が人生の中(主に海外)で体験したことをまとめてあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。