愛宕翔太@即戦力複業ならコデアル

働くをもっと自由に。コデアル株式会社CEO。即戦力の複業求人プラットフォーム「CODEAL( http://codeal.work )」運営。アポは以下より! https://shotaatago.youcanbook.me/
固定されたノート

面接だけで採用する時代は終わりました。働いてみてから採用する時代です

入社後のミスマッチがあった。

この話を聞くと、自分自身も幾度となく創業後このような経験をしてきました。採用する側だけでなく、採用される側から見てもミスマッチが起きます。

「こんなにハードな働き方をするとは思っていなかった」

「現場での裁量が実際には全くない」

「面接してくれた人は素敵な人だったのに、実際に一緒に働く人とは合わない」

などです。

そもそも面接は1対1の関係性の中で行われる

もっとみる
ありがとうございます!働くをもっと自由にします!
35

個である(コデアル)とはどんな状態か?

コデアルという会社名,サービス名自体が「個である(CODEAL)」からきていることもあり、今一度個である状態とはなんなのか?考えてみました。

私の考える個である(CODEAL)状態とは、シンプルにいうと「対等(CO)なやりとり(DEAL)ができる存在であること」だと思っています。

最近流行りの個人の時代が来るという話。私たちも個人の時代が来ると考えています。ただし、個人の時代に、組織と個人の関

もっとみる

複業エンジニアと仕事をする際に抑えるべき3つのポイント

1. 働く場所の制約をなくすことで世界中の優秀な人材にリーチでき、迅速なチーム組閣が可能になります

Martin Fowler氏は、働く空間とその関係について4つの分類を行っています。 (参照: https://martinfowler.com/articles/remote-or-co-located.html)

一言でリモートワークといっても、完全に一度も会わないフルリモートのチーム、時差

もっとみる

即戦力フリーランスエンジニアへの頼り方

即戦力フリーランスの人に頼る局面があります。週3-5の働き方前提で、まず最低でも3ヶ月以上助けてもらう前提があると、大きく開発も進みます。

受託開発の事業を行なっている会社の場合は、お客様への納品確率を上げることができ、受注できている仕事を確実に遂行することができます。

自社サービスの事業を行なっている会社様の場合は、なかなか手が空いておらず、実装していきたいものが溜まっているのに困っている問

もっとみる

エンジニア採用こそ、業務委託からの社員化への期待値調整を活用しよう

エンジニアの社員採用に困っているというお声掛けをいただくことが多かったので、今回実際にどのような手順で社員採用を成功させていけばいいのか?について、ご紹介したいと思います。

コデアルを通じて、コデアル株式会社でもここに書いているような期待値調整の手順を踏んで、素敵なエンジニアの方と社員化した働かせて頂く機会を得られています。

出会いのきっかけは?

手前味噌ですが、コデアル経由で出会いのきっか

もっとみる