エモ太郎.io

Blockchain

ぼちぼち

書いていこうかな。と思います。
iPhone から初投稿。

大抵継続しないのですが、事業もヨイショと頑張り始めていまして発信も大事だなということでマイペースで書いていければと思います!

#スタートアップ

エモ太郎 SONGを紹介します ver 1

本当はちょっと長めの文章書いてたんですが、ダルくなったので下書きにして「また今度書こう」としたのですが、少しでもnoteに捧げた時間のサンクコストバイアスからせめて1記事でもoutputしておこう。でも字書くのクソめんどいな、ということでオススメの曲を詳細します。

エモ太郎がエモい気持ちになりたい時に聴く歌 こと「エモ太郎 SONG」をいくつかご紹介します

これ聴いて運動したり考え事したり歩い

もっとみる

喧騒から距離を置く

日々や常識から距離を置く時間が人には必要だと思う。ただ、それを捻出できる時間やお金がない構造を生み出す社会が、画一的な常識や大して重要でもないことに消耗してしまう人を増やしているんだろう、なんてことを考えていた一日。もっと日本に住む外国人が増えるだけでもマシになるんだろうな。

俺はできるだけ海外に行きたいし、自分と違う価値観の人に出逢いたいし、新しい景色に触れていたい。なんでかって、自分がある程

もっとみる

理不尽な逆境が栄養

ウェイヨー。ワッツアップ。ちょっと暗いタイトルですが極めてポジティブな内容です。エモ太郎ですコンバンハ😜

いきなりですが、ここ数年で自分の体調不良・身内の病気・親族の不幸、主に健康にまつわる事だったり「自分にはどうしようもできない」無力さを感じる逆境が沢山ありました。実際問題、今でもあります。

ただ、「自分にはどうしようもできない」逆境が多いと「人って無限に可能性を追求できるようになる」そん

もっとみる

雪だるま理論

大きくなれば、さらに大きくなれる

金持ちになれば、さらに金持ちになれる

フォロワーが増えれば、さらにフォロワーが増える

世の中ってそういう仕組みなんだなあと、つくづく思う。

by エモ太郎 

はい、お前誰やねん。って感じで終わります。

good-by

半ば泥みて、半ば泥まず。

川喜田半泥子は、明治11年11月、200年以上の歴史を持ち、三重県でも一、二を争う豪商の家に生まれました。
半泥子は生後間もなく、祖父と父を相次いで亡くし、満一歳を俟たずして、川喜田家の第十六代当主となりました。まだ若い母は実家に帰され、半泥子は祖母の政によって育てられました。
半泥子という名は号であり(本名は川喜田久太夫政令)、禅の導師から授けられたものです。「半ば泥(なず)みて、半ば泥(なず)

もっとみる