図書館は苦手。

よく意外と言われるんですが、本は好きだけど図書館は苦手です。

「読書好きの人から見れば自分のなど読書と呼ぶことすら痴がましいのでは?」という謎の負い目から、とにかく所作の一つ一つに緊張してちっとも落ち着かない。

少なくとも、本好きの楽園的なある種の聖域感みたいなものは感じない。どちらかと言えば、ラストダンジョンに近いかも。ひのきの棒の分際で申し訳ないといつも心の中で謝ってる、そのラスボスに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

すペ3

コマリモノ

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。