【毎日三題噺】くノ一 島根 勝利の

『女形』

「ごめん、もうちょっと落ち着けない?」

メイク中の矢田技が俺に話しかけて来ることは滅多にないことだった。普段しない指摘をしてしまうくらい、俺は落ち着きがなかったらしい。

「…肩の力抜いて。そう。背中、もたれてきていいから」

鏡に映った彼女の表情が少し柔らかくなる。そしてまた、俺の顔をいじりだす。

俺の顔は、白い肌で、目が強調されており、髪の毛を抑え込む羽二重(はぶたえ)をしている。このあと長髪のかつらをかぶる。

今回の演目は古泉にとっては大一番となる演目だった。

始まる時に、スマホに連絡きてる。本人気がついていない。

アクターが一列になり、観客に向かってお辞儀する。そのまま部隊袖に入る。みんながそのまま控え室方面へと進んでいく中で、古泉はすぐに部隊袖で腰を堕してしまう。両手で顔をおおう。

大一番でやらかした。セリフを飛ばした。あり得ない。

プロット

冒頭、有名な演出家が来る公演でしくじる。次の狙ってる劇団?の。
オーディション受けに行く。前回のしくじりについて、オーディションの席で聞かれる。
「舞台で化ける役者と舞台でまとまってしまう役者」
オーディションの結果通知。落選。
けど電話かかる。他の役で出ないか。
なんでこの役なのか??? 役の気持ちを考えるなど。
2回目の公演。気合い入れた演目。
終わってみて落ち込んでる。しくじったまた。誰も話しかけてくれない。話しかけんなオーラ出てるって打ち上げで。なんでミスったのか。親来てたから? えまじで。目立つ席で。抑圧してた系?実家からメールきてて。

作成時に考えたこと

島根て。
島根出身、前職が日光江戸村。忍者の写真があったからくノ一って呼ばれる。
なんで辞めたのか。アクター向いてないから? 金がないから? 時間がないから?
男だけどくノ一役で、とか。
金も時間もないけど、役者してる。
●大切なものの強調「逆境のなかで」
親が倒れる、信頼してる演出家が倒れる。
役者。演出家に嫌われてくノ一役やらされる。うまくいったと思ったら実家の島根で公演。家族からは馬鹿にされる。
演劇関連のお話を書こうとしがちだな。演劇学生時代にやっときたかったことランクかなり上位にくるな。
ただまあ演劇の人たちのこととかわからんのだよな。じゃあわかるのってなんですか。IT企業?いやいや。学生。家族の一員。書くこと。親。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

森田

毎日やってた三題噺

三題噺を毎日書いて毎日投稿します。 本文、プロット、作成時のメモをブワーッと載っけて公開する感じです。18.02.01~18.02.11までだいたい続けて書いて、今は心理学のレポートを出すために休憩中です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。