見出し画像

夢中になれる仕事は泥沼

振り返るとわたしは常に、夢中になれるものがあった。

と書くとキラキラ充実漫画人生だが、実態トーンはだいぶ違う。

たとえば2017年現在だと、わたしが夢中なのはcakesの連載だ。最新納品分が着地するまで、頭のなかは常に原稿の景色があり、それが片付くまで、ほぼ人間的生活がままならない。そして今週に関してはまさにこの3日間がまったくままならない期だった。食べたものといえばシナモンロールくらいで、眠ろうとしても頭のなかか布団の中のアプリで書いているので、逃れられない。

そう。逃れられないのだ。

夢中になれること⭐︎
というと、おいしいものを食べまくる!のように夢中で欲を満たす行動のようだけど、ほんとうの夢中というのはエグい。

現実に見えている景色に侵食して頭を占拠してくるほどに、夢中。全神経がそれを何よりも優先しているので、会話も呼吸も睡眠もままならない。なのに達成感だけは凄まじいのでほとんど麻薬。

CMの仕事のときはコンテに夢中すぎて3日寝なくても書き続けたし、
歌に夢中のときも連続バイト後の深夜スタジオに入って練習した。

逃れられない。何から逃れられないかというと、意地からだ。夢中というのは言い換えると意地の沼だ。夢は意地の果てにある。
「夢がモリモリ」は意地がモリモリという意味だしDREAMS COME TRUEは意地で夢を叶えるぞというニュアンスではないか。とにかく夢中とは、「意地の最中」に他ならない。


ということで3日noteを更新しなかったいいわけを情緒的に書いてみました。明日から再開するよー!!!!ひゃほーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは一応30daysnoteチャレンジの14話です。詳しくは第1話をみてね。ひゃほー。。。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは大変リアルながら息子の託児代(書く時間確保)私の古着代(気分アゲ確保)になり最終的に作品に1000000%還元されてます。

心臓が岩盤浴してるくらい芯から喜んでなんか…いないんだからね!
46

スイスイ

ハードメンヘラからウルトラリア充になったよ。リクルート→cmプランナー→エッセイスト。cakesで「メンヘラ・ハッピー・ホーム」連載中→ https://cakes.mu/series/3608 子は5歳と3歳。

30daysnoteチャレンジ

30日間noteを書き続けるチャレンジである。誰がなんと言おうとわたしにとってはチャレンジである。詳しくはマガジン第1話をみて。
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

今、仕事(調剤薬局事務)でミスしまくって孤立しています。
6年もやっている仕事なのに(会社は三つ目)ミスを指摘され続けて、知識の更新もしているはずだが、興味関心が薄いのが原因でしょうか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。