「広島東洋カープの研究」

きょう、ナゴヤドームのドラゴンズ対カープのチケットを手に入れてきた。料金は1000円と。
それが果たしてどんなシートなのか、いまから期待は膨らむばかりだ(笑)。

これで横浜スタジアムにつづいて、“ズムスタ逆観戦シリーズ”の球場巡礼2番札所(こっちのが先に参拝することになるが)が決まった。

今回は最新刊『ズムスタ、本日も満員御礼!』の発売に合わせて上京するついでもあってのこと。さすがにそれ以上は組めそうもないが、番外編としてさらにいくつか巡れればと思っている。

そのついでのついでといっては聴講される方に失礼だが、東京ではプロモーションも兼ねて、発売ホヤホヤの拙著をテキストに野球文化大学の講座をすることになった。

テーマは「広島東洋カープの研究」というベタなもの。てか、著書のサブタイトルそのまま(笑)。
同書の内容が内容だけに、少し過激な講義になるはずだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

酔頓楼・堀 治喜の楼人日記

手作り野球場DREAMFIELD元管理人。現ホーリー農園オーナー兼物書き。主な著書に『わしらのフィールド・オブ・ドリームス』(メディアファクトリー)、『衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?』(文工舎)、『初優勝』(プレジデント社)など
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。