Airbnbが学んだグロース初期における唯一で最も重要な本質。

Yコンビネーターのポール・グレアムの教え。

"more important for 100 users to love your service than a million to kind of like it(何百万人に好かれるサービスではなく、100人の熱狂的なファンを持つサービスを創ることが大事)”

今回もこちらのPodcastより。

Airtbnbのファウンダー、ブライアン・チェスキーはYコンビネーターのポール・グレアムからプロダクトの初期フェーズにおいて上記アドバイスを受け取っている。

理由はシンプルにこうだ。

何百万のユーザーをケアするのは不可能だが、100人のユーザーならば直接話を聞いたりより深くユーザーのことを知ることができる。

ブライアンの言葉で言えば、一言でこう表現している。

"Living with your user"

実際にブライアンはたくさんのホストに会いに行き、とあるNYのホストと共に時間を過ごして気がついた。家は素晴らしいのに、写真が酷かった。それが今でも強烈なグロースに繋がっているプロのフォトグラファーによる無料の写真撮影オプション機能につながっている。

スケールを考える前に、まずは特定のユーザーに対してパーフェクトなサービスは何なのか?1人のユーザーでもいい。テクノロジーがなくてもいい。そのユーザーのカスタマージャーに寄り添って最高のサービスを創る。それをクリアにしてから後でスケールやテクノロジーでの解決を考えればいい。頭のスイッチを切り替えてね。

まずは一人でも二人でも、熱狂するユーザーを獲得する。その少数のユーザーを完璧に理解し、完全に熱狂させるサービスを作る。最初はリーンに、そしてそのあとにスケールさせればいい、と。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援が励みになります。頂いたサポートは、同僚にCoffeeとして還元します :)

Thank you!!
32

Learning from books & podcast

読んだ本、聞いたポッドキャストからの学びの備忘録。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。