抱擁。

抱きしめたい、と思った。
ハグとかそういうのでなく、抱擁のような。
そしてそれは恋とか愛とか言うものでもなく、例えるなら酷く気分が悪い時に背中をさすって貰うような、そんな。

僕は誰にそうされたいのだろうと思った。
母?姉?妻?それとも知らない誰か?
答えはすぐに思いついた。
父だ。
父からそうされたかった。抱擁が照れくさいなら、握手とか頭をぽんぽんとか、そういうので良い。
そういうのでいいから、「心配かけたね、もう大丈夫ぞ」って力強く諭してほしい。

夢だろうか。
もう、そんな事さえ望めないのだろうか。

街は度重なる雨を受け容れて、季節を春に変えようとしている。
僕ら家族の中に吹き荒れる冷たくて厳しい風や雨も、今をピークにじんわりと止み、濡れた地面を太陽が乾かすように、と祈る。

そしたら僕は、父と抱擁しよう。泣きながら、笑いながら。

2018.3.3

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こんな駄文をいつも読んでくださり、ほんとうにありがとうございます…! ご支援していただいた貴重なお金は、音源制作などの制作活動に必要な機材の購入費に充てたり、様々な知識を深めるためのものに使用させて頂きたいと考えています、よ!

今日は発泡酒じゃなくてビールを飲みたくなるほど嬉しいです…
1

syozopanda

茂みに実る。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。