GLP-1受容体作動薬の臨床試験結果は、どれだけ一般化が可能なのか?

 GLP-1受容体作動薬は複数のランダム化比較試験において、心血管アウトカムに対する有効性が示されている。2型糖尿病治療薬において、心血管予後を改善しうる薬剤が少ない中、経口セマグルチド製剤の開発など、同クラス薬剤への関は高まっているように思える。

 これまでに報告されている主要な大規模臨床試験の結果を【表1】にまとめる。効果サイズは決して大きくはないものの、LEADER試験SUSTAIN-6試験Harmony Outcomes試験では、プラセボに対する非劣性のみならず優越性も示された。

【表1】GLP-1作動薬の主要心血管イベントに対する有効性

この続きをみるには

この続き:1,855文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

臨床医学論文を読み解く上でのピットフォール(落とし穴)をご紹介します。

または、記事単体で購入する

GLP-1受容体作動薬の臨床試験結果は、どれだけ一般化が可能なのか?

青島周一

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

青島周一

エビデンスのピットフォール

臨床医学論文を読み解く上でのピットフォール(落とし穴)をご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。