見出し画像

ガンジャ先生。6-6

興奮の瞬間 

はしごを上がりフィンを脱ぐ。
ふらつきながらも僕は船に戻ってきた。
Coldplay - Viva La Vida eastern odyssey remix

 ボンベを置き、ゴーグルを取るとみんながこっちを見ていた。

「ごめんね。。落として。どうだった?海」

「良かったよ。って楽しかった!」

その時僕は興奮してたんだと思う。
パッとみんな表情が明るくなり。

「匠くん!」「匠!笑った!」
と歩と雪菜が抱きついてきた。

あれ?あれ。。笑った?それがどうしたの?
その時意味がわからなかった。

が、僕の感情は戻ってきたらしい。

外はどんより曇りだが。僕の心は晴れていた。



△△△

「はーい集合!BCDはボンベにかけてから上で!」
無事初ダイビングを終えた僕たちは西田さんの一言で戻る。
上にはスイカやパインが並んで、コーヒーも飲めるようだ。

「とりあえずお疲れ様♪初めてにしては。みんなパニクらずよくできてたと思うよ?」
「ちょっとビビりました。。ありがとう御座います」
「泳げないという割には楽しんでたね♪おめでとう!どうだった海の中?」
「なんか不思議でした。。でも楽しかった。です」

みんなもニヤニヤして聞いている。
僕は照れくさそうに頬をかく。

「まあ食べながら話そうか。次はちょい移動して、もう少し岩が多いところかな?」
へーとかほーとかみんな言う。
西田さん話ではタオ島はたくさんのスポットがあるらしい。
比較的にサンゴが多いところに行くみたいだ。

「ゲージのチェックをしっかりと。空気の確認も忘れないでね。茜ちゃん優秀。残圧70もあったね」
おーとみんな言う。
僕は初め遅れたが、それでも最後50切っていた。

テヘヘと照れてる茜。性格がゆったりだから合うのかな。

「課題も少しずつやっていくので、ボードをよく見ること。あとバディの動きもね。タツヤくんは足バタバタさせすぎービデオ思い出して!」
「フアぃ!?」スイカを口に。。食べてから言え。
諸注意を聞きながら次の目的地につく。

 観光名所なのか、沖から海岸をみると水着を着た外人さんも見えた。スノースケーリングもできるらしい。

□□□
2度目のダイビングはより安心してできた。

海の中は海面より優しく、僕はケイさんと雪菜のお尻を追いかける。
ケイさんは小ぶりだけど足がキレイ。
雪菜は全体的に流線型な泳ぎに惹かれた。人魚ってあんなのかな〜と見てるとお尻にぶつかる。
ゴーグルの奥で優しく微笑む。。ごめんなさい。

もちろん今回は、蹴飛ばされずにちゃんと飛び降りたよ。

サンゴというより、小さな魚がすごくいて。
岩が近くにあると緊張していたけど、バランスも取れる様になってきた。
田辺さんが逆立ちして泳いでいるのがちょっとカッコいい。。。あとでやりたい。

みんなで揃ったり、バディで移動したりすっかりと満喫できた。
最後海面に上がると雨が落ちていた。
低気圧は来るんだろうな。 

そして船で埠頭に上がる頃には本降りに。
まあ水着だし気にならないけど、サンダルはぐちゃぐちゃだ。

見慣れたスクールにつき、明日の朝一で行くから寝坊しない様に!と注意され解散。
フロアにいたプイさんに迎えられ部屋に戻る。

「今日は近くのーお店?でみんな食べマス〜明日で最後ナノデ西田さん達も来ますョ♪」
時間があるのでシャワーを浴び一息つく。
風呂上がりにタツヤと煙草を吸うのが日課になった。
「んー?なんか耳に水ある気がしない?」
立ってトントンしている。確かに音がちょい変。
「耳抜きできた?初めちょー焦ったわ」
「なんだろうね。あの感覚。気圧ってすごいな」
「西田さん水の中優しいんだけどなぁ。。出たら怖い」
「ケイさんはどっちも優しいぞ」
他愛のない会話でケラケラ笑う。

外は雨だけど、ロッジ前の空間はなんていうか。
そういう空気がある。

木々の茂る前の通り、ビショぬれになったハンモッグ、タバコとコーラの缶。
降り注ぐ雨の音。

そんな対したもんは何もない。

けど僕にとっては。贅沢な気分にしてくれる。

こんな日々が続けば良かったと。


□□□

「チワっす〜♪入りまっす〜ご飯ご飯♪」
タツヤに釣られて女の子のロッジに。でかいというか、、なんかキレイ。いい匂いしてるかな?あ冷房ついてるし。。

部屋には歩と未亜ちゃんがちょこんとベッドに座ってる。

「え、匠?ヤバいかも」

「ん?どした」

「ふぁー歩ちゃん空いたよ〜」

「!!」

シャワー室からだろうか。
頭をタオルで吹きながら上半身ハダカでパンツ一枚の茜が。。あわれな姿で登場した。

「ん?どったの歩ちゃん?」
茜は全然気づいてない。

・・きれいなピンク乳首だ。そしていいおっぱい。
あ、眼があった。ニコッと満面の笑みをおくる。

「ひゃー!匠君!!!?」
「みちゃーだめー!!」「うぁー!ムー!」

歩と未亜が枕を投げる。どちらも俺。

「グハッ!イタッ!出るってマジで!」

ソファでもみくちゃにされ。。

「男子!外で!」

入口から外の席に飛び出された。。

理不尽だ。が!ありがとう茜。
タイらしく僕は手を合わせておがんだ。眼福眼福♪

「匠くん。。何してるかな?」
あ、外から笑顔の雪菜が。。プイ先生も帰ってきた。
こういう時の雪菜はマジ怖い。

再び修羅場になる。ちなみにタツヤはヤバそうなった時すでに逃げてた。

「ハハハ♪匠くんラッキーね♪」

プイ先生は事情を聞いて大笑いしていた。
茜に謝るけど、少し照れていいよいいよ、とそこまで気にしてないみたい。歩はプンプンで今も蹴ってくるが。

そして18時半ごろ。みんなで食事を取りに出かけた。

食料品店の奥にその食堂あり、大きくないけどちょうどいい感じだ。
入口の大きな席通されプイさんと店員さんは話ている。

「もう少しで来マスー仕事カナ?メニューはみんな大好きタイ料理デス。あ、キタキタ」

3人の見知った指導員さん他2名の大人の人が入ってくる。

「おまたせーあ、この人たちは香港から着た古畑さん夫婦。明日一緒に船なのでよろしくね」
「「はーい」」

そして楽しい料理が始まった。
お馴染みの定食屋だけど、プイさんがいろいろ聞いて、唐揚げぽいものから、ミソスープに似たもの、サラダ。
大皿でカレーが3種出た。これは中々熱い料理になりそうだ。

グリーンはお馴染み、イエローは日本のカレーに似ていて甘め、レッドは具材が海鮮で辛い!が一番上手い。
みんなで米にかけたりしてワイワイ食べる。

「みんな若いなぁ。。ガツガツ羨ましいね」

「「うまい(美味しい)です!」

「私達はビールのほうがいいかな。ケーンあれをー」

店内の冷蔵ショーケースの下からビールが。。ジョッキも。キンキンだなありゃ。プイさんが目を光らす。
「すごいデスネー!こんな冷えてる!」

「日本人はやっぱりこれだよね〜♪カンパーイ」

大人勢も飲みだし、場が盛り上がりだす。
西田さんはプイさんを捕まえてバンコクの状況きいていた。
ケイさんは川上姉妹とタツヤと話して盛り上がっているみたい。

「匠くんっていったかな。明日はよろしく。ちょっと飲む?」
「あ、一応未成年なので。。」
「そうかそうか。いいな若いって。元気もらうみたいだ」
「古畑さんはよく来られるのですか?ダイビング」
「そうだね。どうしても仕事が忙しいから。。なんとか休み取って来るんだよ。ほら香港って独特の空気でしょ?ゆったりしたくて。」

古畑さんが言うには、香港はどこ行っても忙しいらしい。
それでいて、沖縄なみに暑いというか蒸し暑い。
泳ぐにしろ、海水浴もあるらしいが、まともに入れないぐらい人で混む。プールは狭いし南国らしくないと。
「それに近いんだよな。タイは。飛行機で日本に帰るより近いし安い」
へーそうなんだ。と納得した。
確かにそういう考えすれば。。そういうもんかも。
都会はもうなれてるから大体サムイとかタオにくるみたい。まあ潜る意外は。。やることなさそうだしなこの島。

「香港もいいところだよ。遊びにおいで♪」
と奥さんが名刺をくれた。
ヨガのインストラクターをやっているらしい。どうりでスタイルいいはずだ。
正直顔が日本人というより中国よりだったので、日本語がでたのは驚いた。
「あ、ミミは香港人。でも結婚して3年になるから〜日本語も上手いだろ」
「そうなんですか!」
「唔該晒♪」
隣で仲良くしてる雪菜も驚いた。普通に話してるもん。
ミミさん言うには子供が小さいらしく、すぐこれなくなったが、やはり休みって感じがするらしい。体作りにもいいんだって
そこまで騒騒しい香港も気になるけどそんなもんなんだろうな。

でも国際結婚かーやるな古畑さん。
ちなみに若くして大学の教授らしい。
なるほどと納得した。

「それで、匠くんはどの子が彼女なのかな?タイプは?」
「彼女はいませんよ」
大人はすぐそんな事をいう。。
まあみんなかわいいけど。

ふと茜を見た。いいおっぱいだった。ありがとう。

雪菜はニコッとして。腹をつねる。。

僕は少し興奮していたと思う。
ダイビングの事をいろいろ質問していた。

そうして僕たちのダイビング3日目終わる。

外は少し小雨になって、タイに来てから一番涼しかった。


ちなみに田辺さんは黙々と食べてました。
クールと思ってたけど。無口なんですね。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

スキありがとう御座います❗頑張ります❗
1

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv

小説「ガンジャ先生。」無料公開中!

小説 ガンジャ先生。 第1部よろしくお願いします! \(^o^)/ 舞台はバンコク。6人の高校2年生の旅行記。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。