見出し画像

ガンジャ先生。7-1

7章 それぞれの気持ち
 気がついた

 蝉の鳴き声が鳴り響く。
遠くに聴く波の音とまざり優しく感じた。
ファンはまだ回ったまんまだ。
Dimitri Vegas & Like Mike vs David Guetta - Complicated

「んープンちゃん〜会いたい〜♪」

 起きたら隣にタツヤ。。そうか昨晩ガンジャ先生が来て、そっちよれと追い出された。。うぅ狭い。
んーあんま寝たきしないな。。
時計を見たら6時過ぎ。すでに外は明るかった。
外に出て煙草を吸う。
今日も一日暑くなりそうだな。


□□□
いつもの様にみんな朝食で集まる。
トロピカーナ、フロントでも食べれたんだ。で、朝はパンとソーセージ、エッグと定番のものを食べた。
ケチャップや、魚醤、チリソースなど各々好きにかけて。。大分現地化してきたかな?

「それで今日の予定を伝える。昼までは自由時間だ。ただチェックアウトは12時迄なので道具の整理を行うように。また、昼過ぎにはフェリーに乗る。そこで簡単食事取るが、ここで食っててもいいぞ。そしてパンガンでホテルへ行く塩梅だ」

「「はい」」

「よし。それから俺はここにいる。中々時間取れなかったが、相談したいこと、解決できることはいつでも受け付ける。ちなみに言うなと言えば誰にも言わない。山本にもな」
少しざわっとした。

 確かにみんなそれぞれ問題をかかえているし、こういう機会を言うのは初めてだった。

「大なり小なり人は罪を重ねているもんだ。それを業(ごう)と呼ぶ。人に嫌な事をさせられた、嫌な事をした、思い出したくないことも聞くだけならいつでも聞くから安心しろ。ただ、未亜の様に自分の力だけではどうしょうもない事もある。大人の知識を利用することも考えてみてくれ。時間はある」

悪い事がある様にいい事も必ずある。絶対悪い事だらけの人生はない。まぁいい事だらけもいつか終わる。人生だしな」

「でも!続くことも。。」

「未亜。今日まで旅行来て楽しかったか?」

「は、はい。。」

「少なくともここにみんな来たのはいい事だと思う。顔見りゃわかるぞ。違うか?匠」

「いえ。。楽しかったです」

「そう。今はとても楽しい日々が続く。だけどな。帰らず遊んでばかりもいらねえだろ?」

「はい。。」

「この旅行に感謝するなら、お金を出してくれた両親、合わせてくれた学校に感謝しないとな。ちゃんと話してあげろよ」

そうだ。ずーっとこんな感じが続くと思っていた。。

 気がついたら初日の移動を合わせ今日で。
9日目。。もう時間はない。

そんなに立っていたのか。

「先生。。死んだお父さんに旅行の。うグッ。話をしたいよ。。」

「泣くな未亜。父ちゃんはきちんと空から見ててくれたさ。俺は未亜の父親替わりにならねえか?」

「いえ!大丈夫です!」

「まぁ〜生きてるうちはいつでもバンコクにこい。ずーっと父親替わりで使ってくれ」
未亜はウンウンと頷く。声が涙で出ないようだ。
隣で茜がハンカチ渡している。

「あー湿っぽくなったなごめん。とりあえずビーチボールでもどうだ?そこあんだろ」
砂浜にはガッドが張っていて。
ボールもそばに2つ置いてある。

「はい!行こ?未亜ちゃん♪」

「あ、タツヤは少し残れ。話がある」

「お、オレっすか?!」

「・・説教じゃない」

 匠ぃ〜と叫ぶタツヤを置いてビーチバレービーチバレーと。
そこで何話したか知らないけど、その後タツヤは少し落ち着いたと思う。


■■■
「別に何かあった訳じゃない。安心しろ。山本に聞いたが。。お前のチーム捕まったって知ってるか?」

「はい。。姉ちゃんがそんな事を言ってました」

「チームは解散らしい。まあほとんど留置場だが」

「マジですか!何したんですか?」

「飲食店で暴れて怪我人も出した。心当たりあるんじゃないか?」
う。。あの店だな。が警察沙汰になる程だ。言えない。

「それでだ。お前どうする?これから。」

「・・というと?」

「帰って違うチームに行って同じ事繰り返すか。変えるかどっちかだろ。良くてもキャバクラの店長とか、パチプロ。悪くてヤクザか捕まる未来しか見えんわ」
確かにガンジャ先生の言うことは。普通に考えてそうだ。
というよりそこまで先を考えていなかった。

「・・何も考えてないんだろ?」

「はい。。とりあえず旅行行けば少し落ち着くかなって。。ぐらいです」

「んじゃバンコクで働くか?」

「!!へ?」

「驚く事はない。一応こう見えてそこそこ仕事は来るんだ。俺社長だし」

「マジですか!働きます!ずーっといます!社長!」

「落ち着け。。俺もすぐ来いとは言ってない。また仕事も日本人相手だからな。それなり常識と判断がいる。日本人らしい考え方いう奴だ」
う。。苦手な分野。。

「だから本当に行くとこないなら、学校きちんと出て。一度就職してもいい。それからバンコク来い」

「ということは、、すぐじゃないですか?」

「・・今来ても遊んでどっちみち潰れるわ。常識がない。そんな奴ら山程いるぞ?この国」
確かに。。住みたいと思ったし。会いたいプンちゃん。。

「だからとりあえずは高校行け。くだらん授業かもしれないが、役に立つ事は山の様にある」

「でも。。俺行っても頭良くないし。。浮くっていうか」

「んじゃ友達と一緒に刑務所がいいんか?」

「嫌です。。」

「我慢になるかもしれんが、多分お前が一番学校で通用する。知識は力だ。力は世界に通用する」

マジか。。カッコいいな先生。


「ただ、他にやりたい事ができればそっちに行けばいい。無理やり来いという訳ではないからな。大学行きたければ行けばいいし、面白い仕事があればそっち行けばいい。タイ語も学びたいなら何処でもできるしな」

「ちょっと望みがでました!」

「この国で学んだように、お前達知らない事はまだまだある。だからそれを知る為にも一度。学校考えてみろ」

「はい。ありがとうございます!」

「・・わかったかどうか怪しいな。はぁ。まあビーチバレーでもしてこい。時間もあるしな」

先生。うまく言えないけど。何か分かってきた。

うまく言えないけど。このままじゃダメだと思った。

ありがとう!ガンジャ先生!


□□□

浜辺ではみんなで交代しつつビーチバレーしていた。

足が砂浜に埋まり思う様に動けない。

そしてこの朝とはいえ今日は雲ひとつない天気。灼熱の太陽。講義が始まり人も少ない。貸し切りだ。

女子だらけのビーチバレー大会はいろいろな所がちらちらと。。あー幸せ♪

「んぁー暑いし〜汗びっしょ」

「水着でしよっか、シャツ砂だらけなっちゃった。。」

「でも面白いねービーチバレー♪」

「匠くん?審判ばかりで楽しいのかな?ん?顔エロいぞ?」

はい。凄く楽しいです。。


だからそんな笑顔向けないで!雪菜様!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

スキありがとう御座います❗頑張ります❗
6

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv

小説「ガンジャ先生。」無料公開中!

小説 ガンジャ先生。 第1部よろしくお願いします! \(^o^)/ 舞台はバンコク。6人の高校2年生の旅行記。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。