『見るnote』第2回。激戦ドローで、両チームがハッピーになった名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ

J1最終節・名古屋グランパスVS湘南ベルマーレで、とんでもないドラマが待ち受けていた。

両者は2年前、共に悔しい想いを味わった。

2016年シーズンで残留争いを繰り広げていた両者だったが、2016年11月3日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた一戦で、共に涙を流す展開となった。

すでにJ2降格が決まっていたベルマーレと、勝てば残留濃厚になり、引き分けでも可能性を残すグランパス。要はグランパスが負けたら降格が決めるという、グランパスにとっての『決戦』だった。

しかし、結果は3−1でベルマーレの勝利。

この瞬間、J創世記からJ1で戦い続けた『オリジナル10』だったグランパスの史上初のJ2降格が決まった。

悲しみに暮れた日から2年経った2018年12月1日―。

両者は再び同じ舞台で顔を合わせた。

しかも、2017年に共に1年でのJ1復帰を果たしながらも、今季は苦戦を強いられ、負けた方がプレーオフに回ってしまうというシチュエーションで。

両チームにとって『一大決戦』となったこの対決は、予期せぬ形で共にハッピーエンドを迎えた。

2−2。

ベルマーレが前半で2点リードをするが、後半にグランパスが2点を返して追いつくという劇的な展開。

タイムアップの瞬間はベルマーレだけJ1残留が確定し、グランパスのプレーオフ行きが濃厚だったが、その数分後、同じ残留を争うジュビロ磐田が川崎フロンターレに1−1から後半アディショナルタイムラストプレーで失点し、1−2の敗戦。

この一報がスタッフやスタンドのサポーター達のざわめきと共に選手に伝えられると、グランパスの選手、スタッフ、サポーターが喜びを爆発させた。

タイムアップの瞬間、スタジアムはまさに水を打った静けさだった。だが、徐々に歓喜の声が挙がり、最後は両チームの選手、スタッフ、サポーター、そしてスタジアムに来ている全ての人が喜ぶと言う、『あり得ない空間』に切り替わっていた。

共にJ1残留。共にJ2降格という屈辱を味わった日から758日の出来事だった―。

その感動を写真とコメントで振り返りたい。

※本文の無断転載、スクショによるSNS等への投稿はいかなる理由であろうと禁じます。

※単発での購入も可能ですが、月刊で「安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語 」を定期購読していただくほうがお得です。

この続きをみるには

この続き:1,252文字/画像28枚
記事を購入する

『見るnote』第2回。激戦ドローで、両チームがハッピーになった名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ

安藤隆人

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これまで22年間、全国各地、世界各国を飛び回ってきました。今後もそうした活動を継続したいと思っております。もしサポートを頂ければ、これからの更なる活発な取材活動に活かしていきたいと思います!よりディープな話題、選手の本音を引き出し、有意義なコラムと写真を出して行きたいと思います。

5

安藤隆人

取材歴23年、フリー歴14年。元銀行員のサッカージャーナリスト。ユース年代を中心に活動をし、延べ40カ国を訪問。現在はNumberWebで『ユース教授のサッカージャーナル』を連載中。書籍8作。最新作は湘南ベルマーレ梅崎司の半生を描いた『15歳 サッカーで生きると誓った日』

安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語

ユース年代のサッカーシーンを中心に取材歴22年、フリー歴14年で、とある雑誌で『ユース教授』の異名を付けられたサッカージャーナリスト安藤隆人が、これまでとこれからの取材現場で集めて来た情報、培ったネットワークを活かしたコラムを展開して行きます。得意分野である選手の本音とバッ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。