理想は『サイドバックっぽくないサイドバック』。FC岐阜入団内定・筑波大DF会津雄生インタビューパート①

11月21日に、筑波大蹴球部に所属するDF会津雄生の来季からのFC岐阜加入内定が発表された。

柏レイソルU-12、U-15、U-18とレイソルのアカデミーで育ち、年代別日本代表にも選ばれて、2012年のAFCU-16選手権(イラン)、2013年のU-17W杯(UAE)に出場。吉武博文監督の下で、U-17W杯ベスト16進出に貢献した。

高校卒業後は、トップチーム昇格を果たせなかったが、大学サッカー界の名門・筑波大に進学し、1年からレギュラーとして活躍。

高校時代まではトップ下やサイドハーフが主戦場だったが、大学2年から右サイドバックにポジションを移すと、持ち前のスプリント力、パスセンス、ドリブルの技術がより発揮されるようになり、メキメキと実力を付けて来た。

右だけでなく、左のサイドバックも出来、かつ攻撃的なポジションをこなせる万能型は、「サイドバックこそ僕に一番合っている」と語るように、いつしかサイドバックを本職として捉え、これから先も勝負しようとしている。

今回、彼にこれまでのサッカー人生、プロになるということ、FC岐阜、岐阜という地域への想いや印象を聞いてみた。

※第一回目は岐阜についてがメインテーマ、第二回は古巣・レイソル、筑波大への想い、そして岐阜での未来がメインテーマ

この続きをみるには

この続き:3,174文字/画像2枚
記事を購入する

理想は『サイドバックっぽくないサイドバック』。FC岐阜入団内定・筑波大DF会津雄生インタビューパート①

安藤隆人

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これまで22年間、全国各地、世界各国を飛び回ってきました。今後もそうした活動を継続したいと思っております。もしサポートを頂ければ、これからの更なる活発な取材活動に活かしていきたいと思います!よりディープな話題、選手の本音を引き出し、有意義なコラムと写真を出して行きたいと思います。

3

安藤隆人

取材歴23年、フリー歴14年。元銀行員のサッカージャーナリスト。ユース年代を中心に活動をし、延べ40カ国を訪問。現在はNumberWebで『ユース教授のサッカージャーナル』を連載中。書籍8作。最新作は湘南ベルマーレ梅崎司の半生を描いた『15歳 サッカーで生きると誓った日』

安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語

ユース年代のサッカーシーンを中心に取材歴22年、フリー歴14年で、とある雑誌で『ユース教授』の異名を付けられたサッカージャーナリスト安藤隆人が、これまでとこれからの取材現場で集めて来た情報、培ったネットワークを活かしたコラムを展開して行きます。得意分野である選手の本音とバッ...

コメント1件

安藤先輩素晴らしい記事ありがとうございました😊やっぱり大木監督誇らしい…😭
岐阜のことこれからもよろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。