梅崎司がルヴァンカップ決勝に抱く『3つの想い』。ベルマーレ、埼玉スタジアム、そしてレッズサポーター。

埼玉スタジアム2002―。

湘南ベルマーレの梅崎司のサッカー人生において、このスタジアムはあまりにも特別な意味を持つ。

「ルヴァンカップの決勝は埼スタ。大会前から漠然と『こうなるといいな』とは思ってはいたけど…。それを叶えることが出来て…。本当にね、もう運命を感じる」。

ルヴァンカップにおいて、ベルマーレは破竹の快進撃を展開し、ついにクラブ史上初となるファイナリストの座を射止めた。

今年、10年間在籍した浦和レッズからベルマーレに完全移籍をして来た梅崎は、間違いなくこの快進撃の立役者の1人となっている。

横浜Fマリノスとの決勝戦が行われる場所は埼玉スタジアム。梅崎にとって埼スタは言葉では表しきれないほどの熱い想いがこもった場所だ。

「やっぱり埼スタは10年やって来て、このピッチとスタジアムにたくさん思い出が詰まっているし、間違いなく梅崎司はこのピッチで変化して成長して行ったんです」―。

この続きをみるには

この続き:2,657文字/画像6枚
記事を購入する

梅崎司がルヴァンカップ決勝に抱く『3つの想い』。ベルマーレ、埼玉スタジアム、そしてレッズサポーター。

安藤隆人

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これまで22年間、全国各地、世界各国を飛び回ってきました。今後もそうした活動を継続したいと思っております。もしサポートを頂ければ、これからの更なる活発な取材活動に活かしていきたいと思います!よりディープな話題、選手の本音を引き出し、有意義なコラムと写真を出して行きたいと思います。

11

安藤隆人

安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語

ユース年代のサッカーシーンを中心に取材歴22年、フリー歴14年で、とある雑誌で『ユース教授』の異名を付けられたサッカージャーナリスト安藤隆人が、これまでとこれからの取材現場で集めて来た情報、培ったネットワークを活かしたコラムを展開して行きます。得意分野である選手の本音とバッ...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。