鷹野凌

NPO法人HON.jp理事長。HON.jp News Blog編集長。デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論/表象メディア演習の担当講師。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。小説/漫画/アニメ/電子出版/SNS/著作権。アイコンは樫津りんごさん作の本好き架空キャラ。

AddToAny Share Buttonsに「noteで書く」を追加してみた

WordPress にシェアボタンを追加するプラグイン AddToAny Share Buttons は、100種類以上のサービスに対応している優れもの。

ところが、先日こちらで追加されたばかりの「noteで書く」ボタンには、さすがにまだ対応していません。

そこで、カスタムフォローボタンを追加してみることに。AddToAny Share Buttons 公式FAQの“How can I add

もっとみる

鷹野凌(たかの・りょう)について

あっちこっちを見て歩いちゃよろこんでます

プロフィール

NPO法人HON.jp 理事長
HON.jp News Blog 編集長
実践女子短期大学非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習担当)
明星大学非常勤講師(デジタル編集論担当)
二松學舍大学非常勤講師(表象メディア演習)
出版学会/デジタルアーカイブ学会学会員。

小説・漫画・アニメ・ゲームなどの創作物、ボカロ・東方、政治・経済・国

もっとみる

第二十六回:混ぜるな危険

前回の倉下さんからは、3万6800円の限定セミナーで語られている内容の一端をご紹介いただきました――っと、これは「半分冗談」とのことなので、たぶん1万8400円なのでしょう。はい、これも冗談です。

こちらの直球を素直に打ち返していただいたので、こちらも「コラボ」という直球を素直に打ち返すことにしましょう。そもそもこの企画が「コラボしようぜ」で始まっていますからね。

◇ ◇ ◇

さて、一般的に

もっとみる

第二十四回:在庫リスクがなく無限の棚に並べられるから突然売れても機会損失しない

前回の倉下さんは、私のストレートな振りに対し、わりと素直に答えていただきました。天邪鬼はどこへ行った? という疑問はさておき、私も別のグラフを公開してみましょう。これは、私が2012年5月にセルパブした本の、月別の販売部数推移です。2012年5月ですから、Kindleストアが日本に来る半年くらい前の話です。

当時、商業出版で類書は3点くらいありましたが、あまり売れなかったとみえて、改訂版も出ない

もっとみる

第二十二回:最初は無料、あとから有料、そして値上げという価格戦略

連載の間隔が少し空いてしまいました。ここしばらく、ちょっと予定を詰め込みすぎて、あっぷあっぷになっていました。溺死するかと思ったほどです。続きをお待ちいただいていた方々、申し訳ありません。

とはいえ、もしこの連載が、誰かから原稿料をいただける形であれば、あるいは、ちょっと美味しいもの食べられるくらいの投げ銭が毎回いただけるような状態であれば、優先順位を跳ね上げ多少無理をしてでも原稿を仕上げていた

もっとみる

第二十回:定価? そんなものはない

前々回、原稿を書きながら「ここから先を説明すると、ちょっと長くなりすぎるな……」と思った私は、そこでぶった切って倉下さんへぶん投げるという荒技を仕掛けました。往復書簡的連載ならではの強引さ。今回ばかりは、素直に打ち返していただきました。ふふふ。

とはいうものの、冒頭のこの一節で、私は盛大に笑ってしまいました。

まず、前回鷹野さんが丁寧に解説してくださった商業出版での本の値付けは、セルパブではほ

もっとみる