第五歩:プッシュ型広報とプル型広報

こんにちは。takatakaxです。

これまでのポストの流れで、

広報として、基礎作りを行い、自社サービスの特性把握は出来ましたか?

自社サービスの特性把握は、常々バージョンアップされるサービスであれば、日常的に行いましょう。

そして、いよいよ広報デビューです!

さあ、いつでも取材対応も出来るぞ!と思うんですが、中々取材依頼は来ません。

仕掛け(仕組み)が必要です。

自社サービスへアクセスする、潜在顧客のルートをじっくり考えて見ましょう。

いくつのルートを持てるか、作れるか。

そして、そのルートは楽しいか、面白いか、成約するのか。

【やること】

・自社サービスを知ろうと思う潜在顧客の行動例を書き出す。

・自社サービスにたどり着いた潜在顧客が楽しんで行動出来るかを検証する。

・自社サービスへのルートは他にも作れないのかを探る。


この3つを徹底的に考えてみてください。

広報には、プッシュ型とプル型があります。

プッシュ型の広報は、プレスリリースや記者へ直接電話したりとにかく能動的に動ける広報です。どちらかというと、経験者でなければ難しいタイプです。

私が是非、皆さんに伝えたい広報は、プル型の広報です。

いわば、釣りのようなイメージです。

良いコンテンツ、良いネタ、良いルート、良い人間関係、良い会社、良い組織であれば、必ずプル型広報が出来ます。

次回はプル型広報について考えて見ましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

takatakax

広報実践記録

とあるベンチャー企業に営業として入社し、営業から広報職へコンバート。2年程ですが、広報実録を綴ります、、、!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。