出版甲子園

今週の、いちばん。第34回/会わなくてもわかること、会ってみないとわからないこと。

ここ数年、多くの方から企画を持ち込まれる立場になった。
著者の方の紹介、エージェントの方からの提案、さらには勉強会や飲み会で知り合った方からの売り込み。
正直、それらの企画者全員と会う時間をとるのは至難の業だ。
だから、基本的には、一度企画書を書いていただき、見た結果、会うかどうかを決めている。

実際、企画書を読んだ時点で、たいていのことはわかる。
著者の実績、企画の完成度や市場性、独自の強み…
優秀な人は、たとえA4用紙数枚からも「光るもの」がうかがえる。
会わなくても、わかることはたくさんあるのだ。

ただ、話はそれほど単純ではない。
世の中、やはり、会ってみないとわからないこともある。
それを実感したのが、僕も審査員の一人を務めた「第10回 出版甲子園」というイベントだ。

これは、ひと言でいうと「大学生が運営する、大学生の出版企画コンペ」。
まずは企画書を事前審査でしぼり込み、優秀な企画の著者候補が、当日改めてプレゼンをする。
僕は事前審査から関わっていて、まずは企画書でその優劣を判定した。
けれど、当日プレゼンを見て、その評価を改めた企画が何本もあった。
企画書には盛り込み切れない著者の思い、熱量、そういったものに心を動かされた。

もっとも、だからといって、企画書が重要ではない、と言う気は毛頭ない。
どんなに熱いプレゼンができても、最終的にはそれを紙の本に定着しないといけないから。
その落としどころを事前に描けるかどうかは、やはり大事だ。

理想を言えば、企画書で「会いたい」と思わせ、会ったらいい意味で想像を裏切ってくれる…、
そんな著者となら、きっとよい仕事ができるのだろう。
もちろん、僕ら編集者も、そういう人にならないといけない。
自分より一回り以上若い学生さんたちに、大事なことを教わった日だった。

今週のいちばん「会うこと」の大切さを実感した瞬間。それは11月30日、参宮橋の国立オリンピック記念青少年総合センターで「第10回出版甲子園」の審査員としてみなさんのプレゼンを見ていた瞬間です。

*「今週の、いちばん。」は、その1週間で僕がいちばん、心が動かされたことをふりかえる連載です(下の「このマガジンに含まれています」のリンクから全部の記事が読めます)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今のところ、全ノート無料にしていますが、「おひねり」いただけると励みになります!

3

滝啓輔💰講談社「マネー現代/現代ビジネス」編集部

#編集者 / #編集ライター養成講座 東京18期 / #企画メシ 2期 / #さとなおオープンラボ 十期 / 現在「 #ウェブの面白い文章 」をシェアする #1000日チャレンジ 中 / フリーランス / 講談社「 #現代ビジネス 」編集部にも所属。「 #マネー現代 」メイン担当

今週の、いちばん。1(2014年)

その1週間で、僕がいちばん心が動かされたことをふりかえる、週刊連載的読み物です(2014年4月から年末分までを収録)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。