大切な人といるその瞬間を、残してほしい。後悔しないでほしい。

地震に、台風に、災害に。
明日、本当に生きていられるんだろうかって不安に思うことがある。


大好きな写真と向き合えるこの瞬間がいかに幸せなことか。
大切な人と一緒にいれることがいかに幸せなことか。

家族の写真が、iPhoneに一枚もない。
こんなにも簡単に撮れる時代に、写真家の僕が、だ。

写真家としての活動と、カメラマンの活動を振り返ってみました。

カメラマンとして、幸いなことに、企業様から、
個人事業主様から、モデル様から、
各々の最終的に伝えたい、お客様へむけたメッセージを
僕の写真を選んでいただいて、届けるお手伝いをさせてもらっています。

商業カメラマンとして、
広告やメディア、宣材写真でお手伝いをさせていただいていて、
歩みは遅いけれど、少しずつ前へ進めています。


写真家としての僕は、
変わり続ける世界に、
変わらない一瞬を切り取るということをコンセプトに、
活動しています。

そして、この根本にあるものは、
両親の写真が、ほどんどないという、背景に有ります。

少し、振り返ってみました。
これまで、カメラマンとして収入を得る前、
何組ものカップルや、家族写真を撮らせていただいていました。
そして気づいたのは、
ここでお金をいただく必要はないし、
アーティスト活動として、やっていきたい一つの領域だということ。
大切にしたいものを表現したいんだということ。


明日、この瞬間、何が起こるかわからないからこそ、
僕の写真で、
世界に愛のテーマを、
かけがえのない人といる瞬間を切り取っていこうと思いました。

幸せなことに、polcaやクラウドファンディングで活動の資金も頂いており、
120名を超える方からご支援いただきました。
次は、僕の番です。

わずかではありますが、
世界に恩返しさせてください。
大切な人といるその瞬間を僕に描かせてください。

———————————————————
|Loves.|
大切な人と過ごす、その瞬間を、残していく。
-夫婦、カップル、家族、友達、ペット…etc

金額:交通費のみ。
※片道1時間を超える場合は、
交通費+3500円/時間のみ頂戴いたします。
−結婚式、前撮り用の撮影は別途サービスをご用意いたします。
※45分ほど、その大切な瞬間にお邪魔させてください。
※30枚ほど、レタッチしたお写真をお送り致します。

※スケジュールは要相談です!
———————————————————

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、作品制作に全力で投資させていただきます…!ありがとうございます!!

7

takumi YANO

写真家・カメラマン・salon de photo主宰/宮崎生・長崎大卒業・東京拠点・パリ留学/広告・取材・宣材写真撮影(JAL・Wantedly・Yahoo!・NewsPicks等)/透明感をテーマに。/ #フリーランスクリエイター1年目の教科書/魔法と現実と/#青とニューヨーク
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。