目指す先を見失わないために。

カメラマンを辞めたいって思う瞬間は、毎回のこの時にある。


写真を仕事にする、って決めてから、市橋織江さんの存在をしり、そこからまた、たくさんの先人のカメラマンさんを知るわけである。



瀧本幹也さんという、存在。

改めて名前を知ったのは、宇多田ヒカルのサントリーの天然水のCMを見た時。

つい最近だけれども、海街Diaryやそして父になるといった映画も瀧本さん。

トヨタのCMもだ。


その、類を見ない青の表現。
かと思いきや、明瞭溢れる強さ。

人を撮る方と思ったら、風景を映す力もすごい。

カメラを置きたい、と思わせる力。

だけれども。

ここじゃ止まれない。

追いつきたい。

頑張るしかない。

余談。
14日までのラフォーレ原宿までやってるこの展示会。

白壁が最高なので、カメラ持っていくことを推奨します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、作品制作に全力で投資させていただきます…!ありがとうございます!!

13

takumi YANO

フォトグラファー応援マガジン

写真を志す人の記事を集めています。記事は厳選しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。