火星に名前を送ろう

こんにちは。NASAジェット推進研究所(JPL)の大丸拓郎です。宇宙探査機を開発するエンジニアとして働いています。

先日NASAが、2020年に打ち上げられる火星探査機「Mars 2020 Rover」に一般の方々の名前を載せて火星に送る「SEND YOUR NAME TO MARS」キャンペーンを開始しました。

Mars 2020 Rover(マーズ トゥエンティ トゥエンティ ローバー)僕たちはM2020や2020などと呼んでます。

このキャンペーン、サイトから登録すると搭乗チケットが発行され、Mars 2020 へ搭載されるマイクロチップに名前が刻印されるというもの。

搭乗チケットはこんな感じです。僕もすでにゲットしました。なんと…無料です!さすがNASA、太っ腹!

キャンペーンは9月まで続きますが、開始からわずか4日で400万人以上の名前が全世界から集まっています。ところが、先日このようなツイートをしたところ…

「サイトが英語で分かりません。」

というお声をたくさんいただきました。そこで、このnoteでは Mars 2020 Rover の見どころと搭乗チケットの日本語発行ガイドをご紹介したいと思います。

このチャンスに日本のみなさんにも、僕も開発に参加している Mars 2020 の魅力を知っていただき、ご自身の名前を火星に送ることで、人類史上初となる火星への往復旅行を身近に感じてもらえるとうれしいです。

見どころ その1 〜地球外生命探査〜

Mars 2020 ミッションでは火星探査におけるいくつかの科学的課題に挑みます。その1つが地球外生命探査です。太古の火星には生命が存在できる環境があったのか、また、存在していたかもしれない生命の痕跡そのものを調査します。

Mars 2020のロボットアームの先にはドリルが搭載されていて、岩石や土壌のサンプルを採集することができます。採集されたサンプルはローバーの体の中に送られ、その場で試験管サイズのサンプルチューブに詰められます。僕もこのサンプル採集システムの開発に参加していて、今がまさに開発の最終段階です。毎日バタバタと忙しく働いています。

Mars 2020に搭載されるサンプル採集システム。

その後、サンプルチューブは火星の表面に置いてこられ、将来、別の探査機がこれを拾い集めて再び地球へと持って帰ってくる計画になっています。うまくいけばこれが人類が初めて手にする火星の土となり、サンプルチューブは人類史上初となる火星からの帰還者となるわけです。(人ではないですね。)

火星サンプルリターンの構想。フェッチローバーと呼ばれる小さいローバーがサンプルチューブを集めて、ロケットに積み込み、軌道上の探査機に手渡す計画。

ほんまに地球外生命なんて見つかるんかいな?という話ですが、Mars 2020が着陸するジェゼロ・クレーターはかつて湖や河川が存在した土地なので、生命の痕跡が見つかるチャンス結構あるんじゃないかなーと個人的には思ってます。もし生きてるやつが入ってたらビビりますね。

見どころ その2 〜火星有人探査への準備〜

見どころの2つ目は有人探査への準備です。将来、宇宙飛行士が火星に降り立つための準備として環境をより詳細に調べたり、人間が活動するために必要な技術の試験をします。

例えば、人が火星で持続的に活動するための肝となる技術として、火星の大気であるCO2から酸素を作る装置があげられます。もしあなたが将来火星に降り立つとしたら呼吸するための酸素はあったほうが良いですよね?特殊な体質の方以外は酸素が必要だと思います。Mars 2020にはその大切な酸素を作るための実験装置も搭載されています。

Mars 2020に搭載される酸素生成実験装置MOXIE (Mars Oxygen In-Situ Resource Utilization Experiment)

他には、地下に存在するかもしれない水源の調査、天気や大気中のダストの計測、人を乗せるために安全性を向上させた着陸技術の実証などにもチャレンジします。人間が実際に行く前に屈強なロボットが下見をしておくのはとても大事なことですね。

さて、ここまで読んでいただいてMars 2020に少しは興味を持っていただけたでしょうか?もっと身近に感じるために実際にあなたの名前をMars 2020にのせて火星に送ってみましょう!

火星への搭乗チケット日本語発行ガイド

搭乗チケットの発行方法は簡単です。30秒で終わります。そして無料です。ご安心ください。

ステップ1: サイトにアクセス

こちらのサイトにアクセスします。モバイルでもPCでも大丈夫です。

👉 SEND YOUR NAME TO MARS

ステップ2: 情報を入力

入力する情報は
1. First Name(名)
2. Last Name(姓)
3. Country(国)
4. Postal Code(日本の郵便番号)
5. Email(メールアドレス)
だけです。

名前はローマ字でも漢字でも。国はJapanを選択してください。郵便番号とメールアドレスは入力してもしなくても大丈夫です。

こんな感じです。入力が完了したらページ下部の SEND MY NAME TO MARS ボタンを押します。

ステップ3: チケットを入手

SENDボタンを押すとチケットが表示されます。これで完了です!
チケットの画像は下のDOWNLOADボタンを押すとダウンロードできます。

あとはTwitterやFacebookでシェアしたり、「俺の名前、火星に行くんだけど~」と友達に自慢しましょう。

ステップ4: 打ち上げと火星到着を楽しみに待つ

みなさんのお名前はNASA/JPLのマイクロデバイスラボでマイクロチップに刻まれます。このサイズのチップに100万人以上の名前が刻まれるそうです。すごいですね!あとは2020年の打ち上げと火星到着を楽しみに待ちましょう。

名前が刻まれるシリコンマイクロチップ

Mars 2020にはこんな感じで搭載されます。

自分の名前がそこにあるというだけで、今まで関係ないと思っていた隣の星がぐっと身近に感じるのではないでしょうか?

2020年の打ち上げが待ち遠しいですね。

何か質問があったら、Twitterでお気軽にどうぞ!

Image Credit: NASA/JPL-Caltech


▼ NASAで働くことになったときの話はこちら。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。サポートも嬉しいのですが、この記事の感想を聞かせていただけるともっと嬉しいです。

ありがとうございます!記事を書く励みになります!
102

大丸 拓郎

NASAジェット推進研究所 サーマルエンジニア。地球外生命の発見を目指して火星ローバーや木星の衛星エウロパに向かう探査機の開発に参加しています。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
6つ のマガジンに含まれています

コメント1件

登録しました!なんかテンション上がっちゃいました(^-^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。