我が家に来ませんか?

【KAKOMU】暖炉を囲むように、テーブルを囲むように

というオンライン上のリビングを、Slackでつくることにしました。

彼女とふたり暮らししていた頃は、知人や友人を招待しては、
たこやき会だったり、なにかしら食べて、みんなで語り合う時間がありました。

大盛り上がりで、朝まで語り合う日もありました(その多くは女子会)。

が!別居中なので、スケジュールをあわせ、場所を決め、お声がけしないと、そういうことはできません…。

わかっていたことですが、さみしい気持ちはやっぱりあります。

ちょっとした雑談(から仕事や恋愛の相談まで)気軽にできる場がほしいなと思っています。

わざわざFacebookグループをつくって会話するほどでもないけれど、僕らに少しでも興味や関心を持ってくれていたら、ぜひオンラインの我が家に来てもらいたいです。

あの二人、どうしてるかな〜と気になった方は、ぜひ下記【KAKOMU】招待リンクから(本当にお気軽に!)お越しくださいねー!

https://join.slack.com/t/kakomu/shared_invite/enQtMzA5Nzc3MjQ3NTUyLTUwMGU4N2JkNDc0ZDcwOGE2ZWMyYThjYTc0OWJjMzdhZDhmMDFlNDIwZTUyYzBkYWYxMTdjZmZhYTRlNDBkOTE

▼Messenger
https://www.facebook.com/takurou.komatsuzaki

▼Twitter
https://twitter.com/ogiyk_
https://twitter.com/takurokoma


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

小松崎拓郎

何度も読み返したい素敵な文章の数々 vol.2

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。