小松﨑拓郎

「自分にも、他者にも、地球にも無理を強いない暮らし」をドイツ・ベルリンにて実践中。editor / 「灯台もと暮らし」編集長、#もとくらの現像室 オーガナイザー @ogiyk_ とのクリエイティブチーム「白梟」、オリンパスアンバサダー。湖畔住まいが夢
固定されたノート

小さなリビングに、小さな植物園を。Living with nature project をはじめます

ベルリン在住のガーデナー・hommyさんと荻原ゆか、そして僕が、1DKの小さな新居を舞台に、小さな植物園をつくるプロジェクトをはじめます。

舞台は1DKのコンパクトな新居。4月1日に引越しました

ベルリンで物件を探すのはちょっと大変でしたが、やっと長期滞在できる住まいが見つかりました。

二人で似たようなこと言ってる……(笑)。

舞台は約30㎡の小さな新居。僕らが東京で暮らしていた時よりも狭

もっとみる

「どうしてだろう?」と、
好奇心や違和感を抱いたら、
本気で向きあいたいと思う。

答えは、ひとつじゃないと信じてるから。

問いを立て、納得のできる答えを探っていくことが、
幸せにつながるんじゃないかな?

灯台もと暮らし:http://motokurashi.com/

庭でお昼ごはんを食べる週末。ベルリンから北へ、GerswaldeにあるCafe Zum Löwen

「ベルリンに来たら、他のどこに行けなくても、ここだけは行ってみてほしいの。拓郎さんはきっと好きだと思う」

ノイケルンのカフェで待ち合わせた友人が教えてくれたのは、ベルリンから列車で北に3時間ほど走ったブランデンブルグ州にある。

手づくりの庭に人が集い、季節と暮らす。ぼくが素敵だなと思う生活を体現している場だという。

「行きます! すぐ行きたいです!」

じつは以前からその場所は気になって

もっとみる

ベルリンで暮らす一番のきっかけを作ってくださったライターの久保田さんが取材してくれたよ。大変なこともあるけれど、相変わらず元気に過ごしています!

夫婦で移住。ベルリンで日本の仕事をリモートワーク 小松﨑拓郎さん・荻原ゆかさん |https://buff.ly/2N0eEZZ

【Living with nature project 】Vol.2 お庭での過ごし方|ロンドンとベルリンのガーデン事情

ベルリン在住のガーデナー・hommyさんと、編集・デザインチーム「白梟」の荻原ゆか・小松﨑拓郎が、1DKの小さな小松﨑家の新居を舞台に、小さな植物園をつくるプロジェクト。「自然の力を借りて、季節と生きること」をテーマに進めていくことになりました。

Living with nature project のこれまで

0)小さなリビングに、小さな植物園を。Living with nature pro

もっとみる

ベルリン暮らしを体験できる場をつくります

先週末は世界を旅しているちはっぴーさんとデンマーク在住のフリーランサーZICCOさんがわが家に来てくれました。

じつは僕もおぎゆかも、おふたりとは初対面。「灯台もと暮らし」編集部の立花さんが、ちはっぴーさんとつないでくれました。

ちはっぴーさんは「hyphen,」の活動で立花さんが暮らす下川町に訪ねていて、ちはっぴーさんとZICCOさんがつながっている。そんなご縁で、今回ベルリンの我が家に来て

もっとみる