「20代のうちにやっておきたいこと」を30歳以降にやること

30歳を過ぎてから、いやもうすぐ30歳だ、というころからちょっと嫌いになった言葉があった。嫌いというか、あんまり目にしたくない言葉。胸がぎゅっとなり、少し気分が落ちる言葉。

それは個人的な悪口でもなく、前時代的な差別用語でもない。「20代のうちに」だ。

たとえば、なんとなくインタビュー記事を読んでいて、「20代のうちに◯◯しておこうと考えて」という文面を目にしたとき。その◯◯が多少自分もしたかったこと、すべきだったかなあとぼんやり感じていること、「なるほどたしかに」と思うことだと、「うーん」と落ち込んだりした。ぱっと思いつくところだと、世界中を旅することとか、投資とか、古典を読みあさるとか。やり損なった感、二度と取り戻せないことへの焦燥感、純粋に可能性をたくさん持っている子たちへのうらやましさ・・・・。

でもあるとき、ふと思った。

あ、これ被害妄想だ。思い込みだ。視野狭窄だ。

たしかに「〜〜のうちに○○しておこう」という「区切りとToDo」の情報は、「区切り前」にいる自分にハッパをかけてくれる。思い切ったことをさせてくれる。踏み切り板として役に立つし、うじうじ悩む自分への言い訳にもなる。だから「〜〜の前」にいるひとには、とっても有用だ。「よし、いまやってみよう!」といい指針になる。

でも、「区切り後」のひとがそのToDoを取り入れたらNGなのか? もちろん、そんなことはない。何歳であっても「やってみよう」と思ったときが、そのひとの人生のタイミング。「ときが来た」ということなのだ。それが数字上、中途半端な時期であっても。

31歳でも43歳でも55歳でも世界一周に出ていいし、投資をはじめてもいいし、古典を読みあさっていい。「なんでいま?」と思われても、「いまやりたいと思ったから」「いま知ったから」と答えればいいだけの話だ。

もちろんわたしたちは脳も身体も衰えていくから、「Age is just a number」と言い切れない部分もある。それは仕方がない。
でも、せっかくここまで平均寿命も延びたことだし、あんまり細かい数字は気にしすぎないようにしようと思うのだ。「もう遅い」とあきらめてぼーっとするほうがもったいないからさ。


そういえば。20代をメインターゲットとしてつくった『働く君に伝えたいお金の教養』(出口治明著/ポプラ社)の読者さん、意外とそれ以上の人が多いけれど、それでもみなさん「いま読んでよかった!」と言ってくださるもんなあ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。いただいたサポートは、よいよいコンテンツをつくるため人間を磨くなにかに使わせていただきます……!

シェアしていただけるともっとうれしいです!
31

田中裕子

batonsのライター。編集、インタビュアー。本をつくったり、雑誌やウェブで記事を書いたり、イベントの司会をしたり。鹿児島出身、東京在住。保護犬の柴犬テンコがかわいい。 noteは平日毎日更新(予定)。https://tnkyuko.themedia.jp/

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。